【合格必勝法】その10:行政書士本試験前日に注意すべき3つのこと

明日はいよいよ行政書士本試験。本試験前日というのは、どんなに自信がある方でも緊張するものなのです。本試験前日は、「明日は行政書士本試験」と、特に意識しないで普段通りに過ごすようにしましょう。
本試験前日に注意すべき3つのことをまとめてみました。参考にしてくださいね。


(1)水分の摂りすぎに注意
行政書士本試験は、ぶっつけ3時間勝負です。途中休憩はありません。トイレは試験前に済ませるのが原則ですが、3時間トイレに行かないとなると水分調整をしておく必要があるでしょう。私は女性ですが、前日から水分調整して試験に臨みました。11月ともなると、試験地域や当日の天気によってはかなり寒く感じる場合もあります。本試験前日に水分を摂りすぎてしまうと、トイレが近くなってしまい、3時間集中力を持続することに支障をきたします。


(2)持ち物は前日に必ず用意
試験会場へ持って行くものは事前に必ず準備しましょう。
受験票や筆記用具の他に、腕時計やお気に入りの行政書士試験用のテキストや自分で作ったまとめノートなどを持参するといいでしょう。
行政書士試験は、マークシート方式と一部40字以内で解答を書かせる記述式なので、HBか2Bの鉛筆数本とシャープペンシルも2本、消しゴムも2つあると安心ですね。
また、防寒対策としてひざ掛けなどを持参してもよいでしょう。


(3)交通機関の確認も忘れずに
自宅から試験会場が遠く、電車やバスなどの交通機関を利用する場合は、渋滞や事故などを想定して、別のルートや交通手段も確認しておきましょう。
行政書士本試験に遅刻しないよう、余裕を持って試験会場入りできるようにしておきたいものですね。