はじめて利用した通信講座

2度目の年は生活環境を変え、腰をすえて勉強したかったので、バイトを一本に絞ることにしました。
収入は減りますが、実家に住んでいましたので、食うことには困ることはありません。

さらに今回は独学をやめて通信講座を利用しようと考えました。
学校に通うより費用はかかりませんし、独学で痛い目にあいましたから、同じ轍は二度と踏みたくありませんでした。


ただ通信講座といっても本当にたくさんあります。
何を基準に選んで良いかわかりませんし、何処が良いのかもさっぱりわかりません。
とりあえず、一番有名な大手通信講座を受講することにしました。
しかし、この時はもちろん知りませんでしたが、通信講座は選ぶところを間違ってしまえば、大変なことになってしまいます。

大手だったので安心してしまいましたが、実際に受講した経験から感じたのは、教材のレベルが低いことでした。

教材のレベルが低いということは、合格できませんし、合格できたとしても時間がかかってしまいます。
ここの講座しか受講しなければ気づかず、ずっと非効率な勉強をしていたかもしれませんが、後々受講することになるレベルの高い教材を提供する通信講座と比べればその違いは一目瞭然でした。


少し話はそれましたが、通信講座を利用して、この年は約6ヶ月間勉強しました。
実際に通信講座利用してみたところ、確かに独学よりはマシでしたが、そこまで違いは感じられません。
ただ、テキストから問題集まで一式用意してくれるので、その辺は助かりました。

そしてこの年は、バイトを減らした分、猛勉強の日々。
最低でも毎日4時間は勉強していたと 思います。
この時はイタリアンレストランでバイトしていて、意外と休憩も多く、その時間にもテキストを持ち込んで勉強していましたし、友人や趣味の時間も極力減らしていましたので、合格の意欲は相当高かったと思います。


そして通信講座から提供されたテキストと過去問、模擬試験はある程度クリアーすることが出来ました。

今回は合格に自信があり、その準備も万端でしたが、この年も、結果はあえなく不合格。
楽観的な私でもこの時ばかりはヘコミ、バイトを4日間休んだ記憶があります。

正直、行政書士は諦めようとも思いましたし、はじめて挫折もしてしまいました。