【行政書士】試験の難易度は?

幅広い業務内容で独立しやすいと言われ、人気の資格である行政書士。人気タレント主演でマンガ『特上カバチ』がドラマ化されたときには、行政書士資格が再認識されて、また人気が急上昇しました。

ところで、なぜ司法書士や社会保険労務士ではなく、主人公は行政書士なんでしょうか?
本当のところは著作者に聞いてみなければわかりませんが、私が想像するにその大きな理由は、担当する職務の領域が幅広いところにあるのではないでしょうか? したがってドラマを創作しやすいと。
そしてもうひとつ加えるならば、比較的身近な存在として認知させやすいこと。司法書士や社会保険労務士とはほとんど接点がなくても、免許証や車庫証明取得の際など、行政書士とは何らかのカタチで関わりを持った経験のある人が多いのではないでしょうか? 自分に身近な職業の方がシンパシーを感じやすいですよね。

そんなワケでこのサイトは、行政書士の仕事に興味を持ち、『目指してみようかな?』と感じている人に向けて、行政書士として働く私の雑感をベースに、資格取得について、その難易度や勉強方法などをまとめたサイトです。

行政書士の、『国家試験について詳しく知りたい』方や、『仕事内容も知りたい』方など、これから資格取得を検討する方を中心に、参考にしていただければと思います。