行政書士の合格率とその秘密

行政書士の合格率についても少し追加して説明したいと思います。

下記は過去の合格率のデータです。

平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
受験者 67,348 70,586 66,297 59,948 55,436
合格者数 6,095 4,662 5,337 5,508 5,597
合格率 9.05% 6.60% 8.05% 9.19% 10.10%
 

行政書士は、士業の登竜門的な試験と位置づけされていますが、それにしても合格率は低く、25年度には久しぶりに10%を超えましたが、ほぼ毎年1桁台、平均だと約7%です。
やはり法律家としての社会的責任のある立場になることから、簡単に合格できる試験でないことがわかります。

しかし一方で、受験者のレベルが高いかといわれればそうではありません。
行政書士は、受験資格がありません。だれでも受けられるのです。
そのため多くの人達が、とりあえず受けてみようか、人気がある資格だから合格できればラッキー、くらいの軽い気持ちで試験に臨んでいます。

要するに、学習量が圧倒的に少ない受験者が多いという事です。
そのことが合格率を下げる要因になっているのです。

また、行政書士試験の合否は、試験で合格点を取れさえすれば、周り受験者がどうだろうと合格できます。
ですから、行政書士試験において、合格率の低さはそれほど気にする必要のない事です。合格ラインさえ意識していればいいのです。

むしろ気にしなければならないのが勉強時間です。

先程、説明したように行政書士の受験者は、学習量が少ない人が多いようです。
ということは、学習量を増やせば、合格できるともいえます。
もちろん、ただ単に勉強時間が多いだけでは、合格することはできません。
勉強の密度も重要になってきます。それでも合格するための第一関門は、勉強時間です。
それをクリアーできるか、出来ないかで、あなたの合格率に影響してきます。

まずは良い通信講座を見つけて、学習計画を立て、それに沿って勉強できるように心がけて下さい。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<