国家資格の難易度比較

行政書士とは国家資格です。つまり、その試験も当然、国家試験であるわけです。
「国家試験」なんて難しそう、無理! といきなり諦めてはいけません。
まずは、行政書士を他の国家資格と比べてみましょう。

行政書士は数ある〝士業〟の中でも、「士業の入り口」と称されている資格です。
難易度もそう高くはなく、比較的目指しやすい国家資格と言えるでしょう。
とはいえ、なかなかそのレベルは掴みにくいですよね。

そこで、国家資格と 各種人気資格試験の難易度を、身近(?)な例をもとに紹介しましょう!

 

■■国家試験&人気資格試験の難易度は?■■

  • 難易度:★★★★★/人気女優やモデルが彼女(奥さん)になる確率
司法試験、国家公務員Ⅰ種
⇒ 大学の法学部出身者でも合格に十年はかかると言われる試験の最難関。

 
  • 難易度:★★★★/校(社)内1の美女から告白される確率
司法書士、公認会計士、弁理士、中小企業診断士
⇒ 独立でも転職でも優位に働く憧れの資格。取得にはかなり勉強時間が必要。

 
  • 難易度:★★★/指名3回でNo.1キャバ嬢をオトせる確率
行政書士、国家公務員Ⅱ種、社会保険労務士、一級建築士
⇒ 確かに難しいが本気で取り組めば合格も夢ではないレベル。現実味あり!

 
  • 難易度:★★/自分からフッた前カノとよりを戻せる確率
教員採用試験、宅地建物取引主任者、日商簿記検定2級
⇒ 真剣に勉強すれば、比較的短い勉強時間で何とかなるレベル。希望を持て!

 
  • 難易度:★/5年付き合った彼女に求婚し断られる確率
衛生管理者、ケアマネージャー、日商簿記検定3級
⇒ しっかり勉強すれば、ほぼ間違いなく合格できるレベル。恰好の腕試し。


※あくまで私的な判断によるものです。あくまで参考程度に留めて下さい。