就職、転職、独立

行政書士に多少詳しい方なら、行政書士は就職にあまり役に立たないと言う方が多いと思います。
確かに行政書士の資格の特性を考えれば、あまり就職と言う選択は取らないのが普通です。
それに一般的に、それほど求人数が多くないのが実情です。

しかし、求人数が少ない一方で、合格できる確立の高さと意味では他の仕事に引けを取りません。
例えば、簿記の資格を持っていたとしても経理の経験がなければ採用にいたりませんし、調理師の免許を持っていたとしても料理の経験がなければ採用してくれません。

それに比べ、行政書士のような士業は経験云々ではなく、資格そのものにネームバリューがあります。
これが他の資格と違いです。
資格といえどもその業界や仕事の専門的知識を持っているだけで、最終的な価値は、経験や実績になってきます。ですが、行政書士の場合は、資格を持っているか、もっていないかの判断になるので、それだけで価値があるのです。

と言うことは、例え求人が少なかったとしても採用の確立は高くなり、就職しやすいメリットもあります。
また、求人数は少ないと言っても、それは大手の求人サイトに掲載していないだけで、各事務所のサイトでは募集していることが多いのです。

が、しかし私の本音を言わせて頂ければ、行政書士のメリットを最大限活かすなら、就職と言う選択よりも独立という選択をするほうが、将来への可能性は広がります。

現在は不況の影響で多くの方は安定を求めます。
独立するよりも毎月安定した給料を貰い、そして計画的な生活をしていきたいと考えるのです。それは悪いとは言いませんし、そういう選択もありだと思います。
ですが、それならわざわざ苦労して行政書士の資格を取らなくても、他の方法があるような気がします。
行政書士の資格を取得して、何処かの法律事務所に入ったとしても、給料は通常のサラリーマンと同等か、もしかしたらそれ以下の可能性だってあります。もちろん就職すれば顧客も予めいて、仕事の仕組みも出来上がっているので、独立した場合の苦労はありません。

しかし、今の時代を生き抜いていくには、その苦労した先に多くの可能性が広がってくるのではないでしょうか?
私も独立したばかりの頃は色々大変でしたが、それを乗り越え、今の収入は他のサラリーマンよりも高く、仕事と生活も安定しているので精神的ストレスもほとんどありません。

まあ、人それぞれ価値観が違いますから難しい問題ですが、一つだけいえる事は行政書士になって就職することは出来るが、就職しないで独立するほうが、資格のメリットを活かせるということです。