行政書士の看板があれば、年収は右肩上がりに!?

行政書士は稼げるのか、よく聞かれる質問です。
開業を含め、行政書士を目指している人には大きな疑問になりますよね。

しかし、稼げる仕事かどうかは、資格を取ったあとの本人しだいです。
行政書士は独立開業型の資格と言われていますが、安定した収入を確保し、さらに事業拡張を目指すならば、営業努力が何よりも大事です。
難関を突破したとは言え、条件はみな同じです。
「行政と生活者のパイプ役」「10,000点以上の書類を取り扱える」のは事実で、幅広い業務が待っています。
が、年収アップのためには、顧客の新規開拓に努めなればならないのです。

これは、いわゆる「士業」に共通するもの。
行政書士の看板を掲げただけで依頼者が集まってくるものではありません。

気になる行政書士の年収はというと…
各々の状況により、同じ資格を持っていてもバラバラです。

平均としては4~500万円ぐらいだと言われています。でもこれは、あくまで平均値。
300万円以下の人もいますし、稼いでいる人なら1,000万円以上の年収という話もよく耳にすること。おそらく仕事の進め方や営業法など、何かコツがあるのでしょう。
残念ながら、私自身は「年収」をテーマにし、その核心を語るキャリアは持ち合わせていません。

取り扱う書類の多さはご存知の通りですが、報酬についてもある程度裁量が任されているのが行政書士の仕事。
手の掛からない仕事(=単価が低い)を数多くこなすやり方もあれば、
時間と手間が掛かる仕事(=単価が高い)にじっくり取り組む方法もあります。
さらに、キャリアを積んでコンサルティングを請け負うようになれば、ステップアップは間違いありません。

そのためにも、「早めに専門分野を見つけること」というアドバイスを受けました。
強い分野があれば口コミで広がり、紹介を受けて人脈が広がって行くからです。

「行政書士」で独立開業を果たせば一国一城の主。
頑張れば頑張っただけ、自分への評価が高まり、年収アップにつながる。
これこそ、資格取得を目指す一番のモチベーションです。

合格までの道のりは平坦ではありませんが、最後まで決して諦めないでください。


>>私が合格した学習方法<<