約7万人の受験者。10%未満の合格率。

私が最初に行政書士試験の勉強を始めたとき、相談した先輩に、行政書士を受験するなら、合格率は見ておいたほうがいいよ、と言われました。
「キミがこれまでに経験した、どんな試験よりも合格率は低いはず」なんて脅かされてから調べたので、心の準備ができていましたが。それでも、最初の印象は、合格率低いなあ…というものでした。

受験者数 合格者数 合格率
平成16年度 78,683 4,196 5.33%
平成17年度 74,762 1,961 2.62%
平成18年度 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 70,586 4,662 6.60%
平成23年度 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 59,948 5,508 9.19%
平成25年度 67,348 6,095 10.05%
平均しても7%、低い年には2%台まで落ち込む合格率に、“厳しいなぁ”という率直な感想を持ちました。
受験者数が7万人を超えていることも驚きでしたが、合格率は驚きというか脅威というか……

ただ、諦める気はさらさらなかったので、勉強をはじめたのですが。最初は独学で勉強するのを選んでしまいました。
そのとき、最初から先輩のアドバイスを聞いていれば、2度も不合格になることもなかったのでしょうが、今となっては後の祭りですね。


>>これが合格できる通信講座<<