行政書士には誰でもなれる!

行政書士試験が、たしかに難しいが、国家試験としては目指しやすいということは理解いただけたことでしょう。
ではここで、試験の開催期日やどんな科目が出題されるのか等、行政書士試験の概要についておさらいです。

 

【行政書士試験概要】(※出展:(財)行政書士試験研究センター)

《受験資格》

  • 年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験可能
《開催日時・場所》
  • 日 時:毎年11月第2日曜日(年1回実施)/13時~16時
  • 場 所:全国の大学や専門学校及び県庁などの指定会場(※1)
  • 申 込:窓口配布・郵送にて入手した願書にて申し込み(※2)
※1:試験地及び会場は希望可能。但し、応募多数の場合は抽選
※2:全国の配布窓口場所は(行政書士試験研究センターHP)を参照。
また、ネットでも申し込み可能。但し、各方法で受付期間は異なる

《出題科目》
  • 法令等/出題数46題(出題形式は択一式と40文字程度の記述式)
憲法・行政法(一般的な法理論・行政手続法・行政不服審査法・行政事件 訴訟法、国家賠償法及び地方自治法が中心)民法・商法・基礎法学
  • 一般知識/出題数14題(出題形式は択一式のみ)
政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解

 

上記が行政書士試験の概要となります。
前ページの「比較的目指しやすい」 という記述は、受験資格に制限がないということも大きなポイントとなります。

つまり、法律を扱う「士業」でありながら、法律の知識がない人でも受験可能と、なんとも敷居が低く、また間口の広い資格といえるでしょう。
もちろん、私もこの受験資格を知ったことで、行政書士を目指した1人です。


>>私が合格した学習方法<<