行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は、一言でいうと「代筆屋」でしょうか。

そのわけは…行政書士の主な仕事が、

  • 官公署などの行政機関に提出する書類作成と、提出の代行
  • 権利業務に関する書類の作成と、その代理
だからです。
さらに、多少限定はされますが法律問題のアドバイスもします。

具体的には…

■官公署に提出する書類関係
  • 建設業許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 会社設立申請
  • 医療法人設立
  • 永住許可申請
  • 在留期間更新許可申請
などなど。

■権利業務に関する書類関係
  • 遺言書作成
  • 契約書
  • 公正証書
  • 債権等の和解書
  • 交通事故等の示談書
などなど。


上記の業務はほんの一例で、行政書士が扱う書類の数はなんと1万種以上にもおよびます。
遺言書や契約書等の作成といった個人的な依頼から、会社設立や建設業許可申請などの法人の依頼までを行う書類のスペシャリストなのです。