行政書士資格をお奨めする理由と、その仕事の魅力

■行政書士の魅力は守備範囲の広さ


行政書士の仕事の魅力とは何か?
もちろん、いろいろあります。でも、私が考える一番のポイントは、
『仕事の守備範囲が広い』こと。
行政書士が作成を担当する書類は1万種類を超えるとも言われています。

行政書士でなければできない仕事の種類がたくさんあるということは、『独立しやすい』ということを意味します。
もちろん、仕事の守備範囲が広いということは、簡単な仕事(安い仕事)も多いということでもありあますが。
私の場合は「大きくお金を儲けたい!」という気持ちはサラサラ無く、甘いと言われようとも誰かの役に立てる仕事かどうかという、いわゆる”やりがい”重視派です。
お金はそれほど儲からなくても、自分が世の中の誰かに必要とされ、担当できる仕事がたくさんあり、独立して、できるだけ長く仕事を続けていけるかどうかが重要でした(この目標は現在でも変わっていません)。


行政書士の仕事は、ごく簡単に言ってしまえば『役所などに提出する書類の作成業務』です。
この”役所などに提出する書類”の種類が幅広くあります。

大きく分けると以下の3種類に分けられます。

◆行政書士の業務内容
 1) 『官公署に提出する書類』の作成
 2) 『権利義務に関する書類』の作成
 3) 『事実の証明に関する書類』の作成


1)の『官公署に提出する書類』は、主に許認可申請に関する書類です。
飲食店などの営業許可証や会社の設立申請書類、車庫証明申請書類などなど。各省庁、都道府県庁、区役所などに提出するこれらさまざまな書類を作成します。

2)の『権利義務に関する書類』の代表例は、遺言や相続に関する書類の作成です。
その他公正証書の作成や、債権債務問題(借金問題)における必要書類の作成、時に交通事故などの際の示談書の作成も行います。

3)の『事実の証明に関する書類』とは、実地調査に基づく各種図面類や、定款、議事録、会計帳簿などがあります。

実際の仕事としては、それぞれの書類作成の前段階から、お客さまのご相談にのることが多いですね。
社会生活上どなたにも必要になる身近な問題が多く、実務経験の多さがそのまま実務能力の高さにつながっていくので、私のように細々とでも長く仕事を続けたい人間にピッタリです。


そして実は【行政書士】は、『大きく稼いでリッチになりたい!』という方にとっても好都合なことがあります。
それは、経営が安定すれば(仕事が安定的に確保できれば)補助者を多く雇って経営組織として大きくすることが比較的容易にできること。
事前の相談には実務知識や経験が必要ですが、書類の作成のみを考えれば、所定の書き方さえ理解すれば比較的手間の少ない種類のものも多いので、補助者を上手く活用し、組織として大きく成長させていく事ができます。


以上が【行政書士】の大まかな仕事内容と、私にとっての仕事の魅力です。資格取得について検討中の方、ぜひ参考になさってください。