行政書士事務所に就職したら

それでは、行政書士事務所に就職した場合を考えてみます。

事務所に就職すれば、仕事は基本的に事務作業です。書類作成のサポートや整理、電話や来客への対応がメインになるはずです。あくまでも補助者と言う位置づけですので、給料が少ないことは否めません。
事務所によっては、資格を持っていれば積極的に仕事をさせてくれるところもありますが、それでも給料は微々たる額でしょう。
これが、行政書士事務所に就職した場合の現実です。

ただ、働きながら勉強して資格を取得した場合や、資格を取得したが何をどうすればわからない方には、事務所に就職するのも一つの手です。特に、まだ資格を持っていない方は、事務所で働けば非常に勉強になります。
頭ではどういった仕事をするかわかっていても、実際にやってみると勝手が違うものです。もしかしたら、想像とは違っていて、行政書士を諦めるかもしれません。
それを資格取得前から体験できるので、安い給料でも自己投資と考えれば割り切れると思います。

また、行政書士事務所で働いた経験を持てば、仕事のノウハウがある程度わかっているので、独立開業する際にスムーズに実務をこなせます。
特に資格を取ったばかりの段階の方には、このようなメリットもあります。

しかし、最終的には独立開業を目指してほしいのです。
一生、雇われている方が良いと言うなら、行政書士は諦めて他の仕事を考えた方が良いと思います。

行政書士の仕事は、あくまでも独立開業して自分のペースで仕事をし、高い報酬を得られるのが最大のメリットです。
就職するなら、そこにたどりつくまでのステップとして考えるべきです。

もちろん全ての人が成功できるとは言いません。
廃業する行政書士もいますし、食べていくだけで精一杯と言う人もいます。

ですが、そうした状況は、独立してもしなくても可能性があるのです。

このご時勢で何かにしがみつかなければ生きられないという人に希望はないと思ってください。
どんな状況になっても一人で生きていける力が必要となるのです。