行政書士試験の合格ライン

引き続き、行政書士試験に関して述べていきましょう。

試験科目は、大きく分けて法令等(46題)と一般知識(14題)の2つ。
出題数は合計60題で300点満点となります。

300点と聞くとヘビーな印象を受けますが、実は60%の180点が合格圏内
つまりは100点満点にして60点で合格ということなのです!
60点で合格と考えると、合格が現実味を帯びて来ませんか?

注目は科目別の配点比率

合格点に続いて注目したいのが、各科目に設定された配点比率の存在です。
実はこの配点比率こそ、試験勉強に関わる重要な情報!
比率に基づいて勉強を効率よく行うことで、合格への道のりはうんと近くなるでしょう。

《各科目の配点比率》

  • 法令科目/行政法:92点、民法:76点、憲法:28点、地方自治法20点、 会社法16点、基礎法学8点、商法4点
  • 一般知識/56点


上の比率を見ると、かなり科目で比率が異なることがわかると思います。
これは、国家試験とはいえすべてを満遍なく回答できる必要はなく、また、 理解度を求められる科目とそうでない科目が存在することを示しています。

となれば、配点比率が高く設定される、行政法、民法、一般知識の3科目が重要であることがわかります。
この3科目に勉強時間を割くことが合格への 近道である一方、この3科目で得点を稼げない限り合格は遠いといえます。

多分、このサイトをご覧になっている方の多くは私同様、社会人かと思います。
となれば、仕事をしながら試験勉強する際に、最も重要なのが効率です。
みなさんも、配点比率に考慮しつつ効率的に勉強を進めて下さいね!


>>これが合格できる通信講座<<