きちんと学べば確実に合格できる

行政書士の資格試験は、毎年8月から受験願書が配布され、願書の提出締め切りが9月上旬。
本試験日は11月の第2日曜日とされており、全国の会場で一斉に実施されます。

年齢や記憶力の良さなど、個人差があるので何とも言えませんが、30~40才代であれば、予備校または通信教育講座などの行政書士試験専門の教育システムを活用して、1年はしっかり学ばないと1発合格は難しいと思います。
某三流大学法学部卒業で、35才から受験勉強をスタートさせた私は、約2年をかけて、2回目の試験で合格しました。
不真面目な学生だったこともあり、大学時代の学びは全く役に立ちませんでした(忘れていました)。


試験科目は、『法令科目』と『一般知識』に大きく分かれており、択一問題と記述式問題があります。

試験科目と出題形式によって、合格基準点が決められています。
『法令科目』は、択一・記述式問題合わせて244満点。
『一般知識』は、択一のみで56点満点。

このうち、
『法令科目』の得点が【122点以上】で、
『一般知識』の得点が【24点以上】で、
なおかつ、試験全体の得点が【180点以上】が、
行政書士試験の合格基準点です。


◆【行政書士】試験の合格基準点
 ■『法令科目』:122点以上/244点満点
 ■『一般知識』:24点以上/56点満点
 ■試験全体の得点:180点以上/300点満点

『法令科目』の5肢択一式問題は、『基礎法学』『憲法』『行政法』『地方自治法』『民法』『商法』にわかれており、160点満点。
『憲法』『行政法』についての多肢選択式問題が24点満点で、記述式問題は60点満点です。

『一般知識』については、『政治・経済・社会』、『情報通信・個人情報保護』、『文章理解』という3分野についての5肢択一式問題のみで、14問(各4点で56点満点)。
配点はさらに細かく公開されているので、法学部出身者など自分なりに得意な科目がある人には、勉強のウェイトを考えるにあたって、大いに参考になると思います。


出題範囲をまともに考えれば、かなり膨大な情報量なので、全てをパーフェクトにすることはほとんど不可能です。
『法令科目』の5肢択一式問題に160点の配点が配分されていることを考えれば、当然ここをターゲットとして集中的に学ぶべきだと思います。

結論としては、合格ラインギリギリを目指して、しっかり計画的に勉強すれば、1年間の勉強で平均的な頭脳の持ち主でも何とか合格できる、といったところでしょうか。

それでは具体的に、どのような勉強をすれば、合格できるのでしょうか?


>>これが合格できる通信講座<<