行政書士資格は就職に役立つ?

行政書士の資格を取得する目的として、開業と並んで多いのが、就職に役立つのではないか、というものです。私もそのような質問を受けることが少なくありません。ちょっとそのことについても書いてみようと思います。

現在は、皆さんもご存知の通り、経済不況からくる就職難です。
それぞれが将来の仕事に不安を抱えていると思います。
「中々就職先が見つからない」「今の会社にいて、将来大丈夫だろうか?」「給料が安すぎて、生活するだけで精一杯」など何かしらあるはずです。

でもそれはこのような時代なのですから、仕方のないことです。
悲観的に嘆いているだけでは現状は変えられません。
自分自身が時代の流れに乗るように努力することが、これから生き残っていける唯一の方法ではないでしょうか?

そのために出来る方法の一つが資格取得です。
資格を取得して手に職を付け、少しでも有利に就職するのです。
特に行政書士の受験者は、その傾向が強いように思えます。

その証拠に、行政書士の受験者の6割ほどは30代で占められています。
もちろん30代だから一概に仕事に役立てようとしていると言えませんが、少なくても行政書士の資格は趣味のために取ったり、他の目的のために取ったりする事はほとんどないはずです。
やはり、仕事で何かしらの役に立てたと思い取得していることと思います。

みなさんもそう思っているのではないでしょうか?
行政書士の就職についてはもちろんのこと、仕事の内容について、年収について、試験についてなどのかなり深いところまで詳細に説明していきたいと思います。
もしかしたら、それを読んで行政書士になることを諦めてしまうかもしれません。
でも、ぜひ、あなたが行政書士を目指すべきなのか、しっかりと判断してほしいと思います。