試験の特徴から難易度判断

ご存知の方も多いかもしれませんが、まずは基本的なことからおさらいしておきましょう。
行政書士試験がどのように行われるのかをきちんと知っておくことで、難易度も判断できますし、合格への第一歩ともなります。


■行政書士試験概要

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。


●試験期日
例年、11月第一週日曜日


●試験の科目及び方法
①試験の科目
・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、平成21年4月1日現在施行されている法令に関して出題します
・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・掲載・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②試験の方法
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。


●合格基準
次の用件をいずれも満たした者を合格とします。
ア 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者。
イ 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者。
ウ 試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。

※合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。


以上が行政書士試験の概要です。
試験の申し込みなどに関しては、最新の情報が行政書士試験研究センターのホームページに記載されていますので、ご自身で確かめてみてください。

さて、この試験概要を見て、どのような印象を受けたでしょうか?
出題範囲に指定されている法律の数が多く、しかも一般知識も問われますので、試験は難題が予想されますね。実際に、行政書士試験の合格率は平均7%程度ですので、難関であることは間違いないでしょう。


しかし、上記の試験概要からは以下のようなポイントを読み解くこともできるのです。

ポイント1 受験資格は設けられておらず、誰でも受験できる
ポイント2 定められた合格基準をクリアすれば、誰でも合格できる


受験の際に性別も年齢も学歴も問われませんので、試験会場には文字通り老若男女が一同に会することになります。さまざまな経歴の人々が何万人と集まって行う試験ですから、合格率は下がってしまう傾向にあるのは当然なのではないでしょうか。
しかも、この試験は誰でも受験できる試験ではありますが、誰でも合格できるほど簡単な試験ではありません。法律をただ暗記しただけで解ける問題ではなく、理解力や思考能力を問われるような問題へと変わってきているそうです。
この試験の合格率が低い理由はこんなところにあるのですね。

しかしその一方で、行政書士試験には、大学入試などとは違って合格者数に定員を設けていないという側面があります。
行政書士試験研究センターが定める合格基準(全体の60%以上の得点など)を満たせば、どんな受験者も合格できるというシステムなのです。 大学入試のように満点を狙う必要はなく、6割の得点を狙って地道に努力していけば誰でも確実に合格できるというわけですね。

6割の得点を狙う学習というのなら、誰でも手が届きそうではありませんか?


>>私はこうして行政書士に合格しました<<