11月第2日曜が勝負の時

行政書士の試験は1年に1度だけです。だから、それに合わせてスケジュールを考え、勉強を進めなければなりません。

試験の日程は、試験の実施機関である(財)行政書士試験研究センターのホームページ(http://gyosei-shiken.or.jp/)で確認できます。
ここでは驚いたことに、試験の日程だけでなく、詳細な情報がアップされています。
試験案内や年度ごとの試験結果、試験結果の分析資料など、これから受験しようと考えている人にはとても親切な内容です。
その中のごく一部を紹介しますね。

受験資格: 年齢、学歴、国籍等不問、誰でも受験することができる。
試験期日: 毎年11月第2日曜日
試験科目: 「行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)」
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)、民法、商法および基礎法学の中からそれぞれ出題。法令は、その年度の4月1日現在施行されている法令に関して出題。
行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解。
試験方法: 筆記試験。出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式および記述式。「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式。
試験場所: 希望する試験地および試験場を選択。原則として受験願書の先着順に受け付け。ただし、受験申込者が多く収容定員を超えた試験場については、(当センターにおいて)受験申込者が選択した試験場を同一試験地内の他の試験場に変更。
※(財)行政書士試験研究センターオフィシャルサイトより抜粋


最低限、知っておくべき情報は入手しましょう。
受験準備は人それぞれですが、試験日は11月第2日曜日。この日に照準を合わせなければなりません。
まずは焦らず、自分でできることから始めたほうがいいですよ。

受験って、だいだいそうですよね(笑)。