行政書士の試験科目の特徴

これから行政書士の試験勉強をするに当たり、大切なことは多々ありますが、その中でもまず抑えておきたいのが、試験科目です。


法令科目: 行政法:92点
民法:76点
憲法:28点
地方自治法:20点
会社法:16点
商法:4点
基礎法学:8点
一般知識: 56点
満点:300点(合格180点)

これらが試験科目とその配点です。
このデータを見てもわかるように、項目ごとに配点が異なります
配点が極端に多い科目もあれば、そうでない科目もある。
つまり、合格点の180点に達するためには、科目ごとの勉強のバランスが大切になります。

例えば、法令科目で言えば、基礎法学や会社法ばかりに力を注いでは、とても合格点に達する事はできません。
そうかといって、全科目平均的に勉強しても配点が異なるので、逆にバランスが悪くなります。
だから、配点に合わせた勉強量が大切なのです。

その観点から考えれば、重要になるのは行政法と民法です。
2つの科目をあわせれば、満点の半分を占めます。

要するに行政書士の試験は、行政法と民法を攻略しなければ、合格はありえないという事です。

しかし、配点が高いという事は、その分だけ試験範囲も広く、知識量も要求されます。
特に民法に関しては、一筋縄ではいきません。
ご存知の方も多いと思いますが、民法は、私達が普段生活していく上での決まりを定めた法律で、その範囲は限りなく広くなります。
条文の数も判例数も多く、弁護士でも完璧に覚えられないくらいの量です。
もちろん試験範囲はある程度、絞られますが、それにしても大変な勉強です。しっかりと出題傾向を分析して勉強していって下さい。

それともう一つ、付け加えなければいけないことがあります。
仮に行政法と民法で高得点を取れたとしても合格することはできません。

上記には記載しておりませんが、法令科目、一般知識共に最低点が定められています
法令科目なら、満点の50%以上、一般知識なら満点の40%以上です。
ですから、行政法と民法だけではなく、一般知識も勉強しなくてはいけません。

他の科目も同様です。そのことは、忘れずにいて下さい。

note

>>カテゴリー「試験科目」ほかの記事はこちら

>>試験科目を研究しつくしたカリキュラム<<