開業して食べていけるか

根本的なことを突き詰めていけば、行政書士になり独立開業して、食べていけるかということだと思います。
ですが、これに対しては答えようがありません。なぜなら、食べていけるか、いけないかは、開業者自身の努力次第だからです。
ただ、一つだけいえるのは、行政書士も他の仕事と同様、ビジネスだという事です。

これは、行政書士に限らず、弁護士でも税理士でも言えることですが、資格を取得さえすれば、勝手に顧客が集まってくるものだと思っている方がいます。
が、そのようなことは絶対ありえません。

資格があろうともビジネスには変わりないので、しっかりと顧客を集めて、魅力的なサービスを提供していかなければ、食べていくことはできないのです。
あくまでも資格を取得したというのは、その仕事をやっても良い権利を得たに過ぎません。その後については、ビジネス的なセンスが要求されてくるのです。
ここの意識の差が行政書士として、やっていいけるか、いけないかの分かれ道になります。

では、どのようにすれば行政書士として食べていけるか、もしくは稼げる行政書士になるのでしょうか? 現在稼いでいる行政書士というのは以下の2点を強く意識しているそうです。

  • インターネットを利用して、顧客を集める
  • 独自の専門分野で勝負している

まず、どんなビジネスにも必要になってくるのは集客です。
どれだけ集客できるかで、あなたが成功できるかできないか決まってくるといっても過言ではありません。
ただし、集客と言うのはお金がかかります。従来のようなチラシなどの紙メディアを使って集客していたのでは、お金や時間がかかり、決して効率的とはいえません。
特に開業したてのころは、そんな余裕はないはずです。

そこで、多くの人はインターネットを使って、ホームページを作り顧客を集めているのです。インターネットなら、低予算で集客できますし、短期間で大勢の人に宣伝することができます。
成功している方は、このインターネットをうまく使っています。

ですが、現在では競合が多くなり、インターネットマーケティングの勉強をしなくては、集客が出来なくなってきます。
少なくとも、ホームページを作っただけで顧客が集まると思っているようでは、今のインターネットは使いこなせません。お金を使えなければ、頭を使わなければいけないと覚えておいて下さい。

次は、自分の得意分野を絞り、仕事をすることです。
行政書士というのは、1万種類以上の書類を取り扱えますので、仕事の幅が広くなります。よって、全ての仕事を網羅することは不可能ですし、あれもこれもできるとなってしまえば、何ができるのか顧客に伝わらなくなります。
ですので、自分の専門を作り、その分野を中心に仕事をこなすことが、稼げる行政書士になる秘訣なのです。

そこで、重要なのはどの分野を選ぶかという事です。
選ぶ分野を間違ってしまえば、成功どころか、食べていくこともままならなくなります。

例えば、建設関係の許可の仕事だと、競合が多い上、業界自体も停滞しています。
そんな中だと仕事もなく、仮にあったとしても価格競争になってしまい 最終的には廃業に追い込まれてしまいます。

大事なのは、ある程度の需要があり、競合が少ない分野です。
その分野を見つけるためには、普段から、インターネットや新聞、雑誌などで、常に情報収集することです。
ぜひ、稼げる行政書士を目指して下さい。


>>私が合格した学習方法<<