開業のリスクは?

行政書士は独立開業型の資格です。
よって、最終的には独立することを目指すべきだと思います。

ただ、多くの人は、独立するとリスクが大きくなると考え、躊躇してしまいます。
確かに現在のような不景気な世の中ですと独立がリスクになると思います。
ですが、リスクと言うのは何も独立だけに言えることではありません。
このまま会社に残り続けてもリスクはあります。

会社員でいるという事は、会社や上司に自分の収入や家族、生活を託すということです。
極端なことを言ってしまえば、会社や上司のさじ加減で、あなたの運命が変わってしまうのです。それは計り知れないリスクになります。
だったら独立開業して、自分自身の力で切り開いていく方が、将来に希望が持てます。

それに独立した場合のリスクは、皆さん悪い方向に考えがちですが、いい方向に向くこともあります。
「年収2000万~3000万円稼げるようになった」
「自由になる時間が増え、家族サービスや趣味の時間が増えた」

など、現実に成功している人はいます。
しかも、その数は決して少なくありません。私も、自分で自分の働き方をコントロールできるようになりました。それが一番の成功だと考えています。

また、行政書士の場合は、初期投資がほとんどかからないので、金銭的なリスクはほとんどないと思います。
事務所は自宅を使えば良いですし、はじめは人を雇う必要もありません。
パソコンやプリンターは家庭にあるもので十分です。 かかるとすれば名刺代くらいです。

これが他の仕事なら、最低でも数百万円くらいのお金を用意して、事務所やお店の賃料、人件費、設備投資などが必要になります。
行政書士にはそれはありません。
だから、行政書士は、誰にでも平等にチャンスが与えられる仕事なのです。

行政書士の成功者と言うのはあまり表に出てこないので、厳しい仕事だと勘違いしている人が多いのですが、実際は皆さんの想像以上にいるのです。
もちろん、その逆も然りです。ですが、あなたの工夫次第で、成功の可能性が行政書士という資格にはあります。

このサイトを見てくれている方は、行政書士の求人を探していると思うので、 現状に満足していないはずです。

今のまま、月収20~30万円でずっとこき使われるくらいなら、 独立開業してみるという道も、人生の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


>>私が合格した学習方法<<