間違いだらけのテキスト選びが難易度を上げる

テキストというのは、学習をはじめてから合格するまでの講師の役割を果たしてくれますので、自分にあった最適なものを選ぶ必要があります。

でも、実際は本当に良いテキストというのを理解している人が少ないように感じます。
なので、インターネット上の真実味の薄い情報に惑わされてしまい、最終的に失敗してしまうケースが非常に多いのです。

そこで、このページではテキストの選びのコツを説明していきます。

まず、テキスト選びの際、わかりやすさと言うのを重要視すると思います。
それに間違いはありません。
ただし、気をつけてほしいのは、わかりやすいテキストであればあるほど、試験で点数を取るという学習からは離れてしまいます。

なぜなら、わかりやすいテキストというのは、優しい表現で書かれていますが、本試験の問題は難しい表現で問われるからです。
仮にわかりやすいテキストだけで学習してしまったら、試験問題の意味が理解できなくなってしまい、結果不合格になるのです。 ここは、忘れずにいてほしいと思います。
ですが、そうは言っても、はじめから難しいテキストを使ってしまうと挫折の原因になってしまうので、その見極めが非常に難しいのです。

そこで、オススメするのがテキストとは別に難しめの参考書を用意することです。
その2つを使い分けながら内容を理解していきます。

ここまでが、一般的なテキスト選びのポイントになります。

しかし、実を言うと、行政書士の試験に合格しようと考えているなら、
テキストだけで学習すること自体ナンセンスなのです。

行政書士の学習をしていて挫折するパターンの多くは、内容を理解できなくて勉強がつまらなくなることから生じているようです。
その原因のほとんどが、テキストだけで理解してようとするから、理解できないということです。

そもそも市販されているテキストというのは、合格させることを目的として書いていません
学校に通学してもらったり、教材を買ってもらったりする宣伝として書いているのです。だから、大手予備学校の講師が自分の学校にテキストがあるにも関わらず、わざわざ時間をかけてテキストを書いているのです。
もっと言えば、そのテキストで合格してしまえば、学校経営が成り立たなくなります。

それではどうすれば良いのかというと、テキストと講義を視聴しながら学習することです。
これが行政書士合格へ最低必要な教材になります。

講義といってもわざわざ高いお金を出して、学校に通学しなくても、今は安い受講料の通信講座でDVD講義が手に入ります。それで十分です。

テキスト選びも重要ですが、合格するためにはそれと同じくらい講義も大切になってきます。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<