カテゴリー別アーカイブ: 合格のための勉強法

合格のための勉強方法とは?

優良な教材を繰り返し活用して記憶に定着させる。


学習能力には個人差があります。暗記能力は年齢とともにほとんどの人が確実に衰えますが、それでも昔受験勉強が得意だった人は、中年からの勉強においても、同じように学習内容を記憶に定着させるのが得意なのではないでしょうか。

それでは、受験勉強の勝者となった友人の特徴を思い出してみましょう。
私の経験で考えれば、ひとつの参考書を何度も繰り返して学習する、そんなイメージでした。
大学受験の高校3年当時の私は、有名予備校にも通い、学習参考書も先生に進められるままに何冊も購入するような生徒でした。
そのくせ、参考書を買ったことで安心してしまい、購入した日から数日進めた数頁を除き、ほとんどのページは開かれることもなく、新品のままでした。

今思い出してみれば、受験で勝利した優秀な友人は、ひとつの参考書を繰り返し活用していました。
それも、最もオーソドックスで有名な参考書を使っていました。
もともと頭の出来が悪いと感じていた私は、なんとか効率の良い参考書を探して、少しでも楽して学力をあげたいと考えていたのだと思います。
今、年齢を経たことでやっと理解できたのは、当時そもそも私は勉強の方法がわかっておらず、そもそも集中して勉強することもあまりなかったという事実です。


バラエティーのクイズ番組でも頻繁に出題されるようになっている、今はやりの脳科学でも読んだことがありますが、学習した内容を定着させるためには、繰り返しがとても大切だそうです。

行政書士の試験は出題範囲が膨大です。
ともすれば高校時代の私のように、何とか効率良く学習する方法を模索しがちだと思いますが、結局そんな早道はありません。
重要なポイントを地道に繰り返し学習して記憶に定着させること。さらに、情報のインプットにあたっては、視覚、触覚、聴覚とできるだけ多くの感覚を使って行った方がより定着しやすいようです。

試験対策として、ある程度重要なポイントが絞り込まれた良い教材を選択したら、後は最初から最後まで、繰り返し活用して少しでも多く自分の記憶に定着させていく、それが最良の学習方法だと思います。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士の勉強は、まず行政法から、そして民法へ!

行政書士で需要な科目トップ3は、行政法、民法、一般知識です。
もちろん、その他の科目も決して捨ててはいけませんが、その中でも行政法は最も力入れるべき科目になります。

行政法は、実務でよく使われる知識が多いので、出題者側も重要視して、試験でも一番配点が多い科目になっています。
ですから、たっぷりと勉強時間を使い、得意科目となるくらいまで学習をして下さい。


それではここで、簡単に攻略法を解説しましょう。
行政法を勉強していく上で、中心となるのが行政救済法、行政手続法、情報公開法になります。
詳しい各法の内容はここでは省きますが、まず条文を正確に理解する事です。
ただ単に暗記をするだけでは、近年の問題に対応できませんので、講義を視聴しながら内容をしっかりと把握する事です。
その上で、過去問演習を何度も繰り返せば、必ず得点できるようになる科目です。
一見難しそうに感じるかもしれませんが、要するに条文と過去問を攻略することです。


行政法である程度点数が取れるようになれば、次に民法を勉強する事になると思いますが、別ページでも説明したように、民法の出題範囲は限りなく広くなります。

もし、通信講座もしくは通学講座を受講しないで、独学で民法に挑戦するとしたら、
それは無謀な挑戦かもしれません。

なぜなら、民法を勉強する際に要求されるのが出題範囲を絞ると言う事ですから。
もっと具体的に言えば、捨てる問題と点数を取る問題を判別しなければいけません。
しかし、市販されている教材では、それに対応することは難しくなりますので、恐ろしく勉強時間が必要となります。
しかも民法は、個々の知識だけではなく、体系的に理解していかなくてはいけないので、より正確に覚える必要があります。

民法の一番の攻略法は、行政書士試験の民法科目を知り尽くしているプロの指導を受けることです。
ですから、講義メディアを聞きながら、何処を重点的に勉強すれば良いのか、何を覚えていけばよいのか、理解する事です。

そうする事で効率的に勉強していくことができます。


>>これが合格できる通信講座<<

年間スケジュールを考えてみる

受講する通信講座も決まり(って、フォーサイトへの受講が前提ですが……)勉強体勢も整いました。

では、いざ勉強開始! 
と、その前にやるべきことが。

そう、勉強のスケジュールです。
多分、みなさんは半年~1年間の勉強期間を設けていることでしょう。
そこまで長期間の勉強には、その〝道標〟となる スケジュールが必須です

仮に期間を1年間とした場合を考えてみましょう。

☆試験勉強年間スケジュール例☆

<12月~1月:知識吸収期>
基礎法学→民法→行政法→商法→一般知識の順でテキストを読み、1冊毎 にCDかDVDで復習。
この時点では内容がわからなくても、まず通読し、行政書士試験の全体像を把握することに勤める期間。

<2~5月:理解促進期>
再度、同じ順番でテキストを読み副教材で復習を。
ただし、この期間では 読むだけでなく、要点を記したノートを作成したりテキストへ書き込む (フォーサイトのテキストにはメモ欄が豊富!)など、理解を深めること。

<6~8月:アウトプット期>
上記の半年間で吸収・理解した知識を、各種テストで一気に放出する時期。
フォーサイトの合格講座には、科目・単元別の重要項目を一問一答形式で出題する「チェックテスト」や、PCを利用し○×で回答するゲーム形式 の演習問題システム「道場破り!」。
また、年間で13回も実施される「確認テスト」と、腕試しの機会が豊富。これら各種のテストに挑戦することで、理解が低い科目や単元が明確になるため、効率的な復習が可能だ。

<9~11月:過去問&復習反復期>
いよいよ追い込み期間! 
ここでは科目別に用意された過去問題集を解き、不正解の箇所をテキストで復習する、ただそれのみ!
しかも、最低3回は繰り返したい。過去問とテキストを繰り返すことで、 うやむやな知識を、明確な記憶として定着させることができるのだ。
ともかく、この反復復習を試験前日までしつこく行うこと!

各勉強法のメリットとデメリット

いよいよ試験に向けた、勉強法について語らせていただこうと思います。
まず、試験の勉強法として考えられるのは、独学と通学、通信講座の3つ。
ということで、各勉強法におけるメリットとデメリットを考えてみましょう。

<メリット> <デメリット>
独  学 ・費用はテキスト代のみ
・時間的拘束がない
・疑問点を相談できない
・すぐに挫折しやすい
通  学 ・講師の授業が受けられる
・ライバルの存在で発奮できる
・受講料が20万程度と高額
・時間的拘束がある
通信講座 ・通学同様の教材で勉強できる
・時間的拘束がない
・通学よりも断然費用が安い
・独学より費用が高い
 

■初心者なら独学は避けるべき!

補足説明をします。まず、独学のデメリットに「挫折しやすい」とありますが、これは費用の安さから、挫折しても金銭的ダメージが少ないということ。
そう考えると、まったく法律の知識もなくゼロから試験勉強を始めようという初心者の方には独学は進められません。いくらいいテキストで勉強しても、不明点は必ず出てくるもの。
その時、頼れる人がいるのは心強いものです。
また、適切な試験対策も独学では不可能

初心者は通学か通信がお勧めです。

では、最も合格への近道と思われる通学はどうでしょうか。
まず、ネックとなるのが最低でも20万円はかかる受講料
もちろん、親からサポートしてもらえる学生さんなどは別として、社会人には厳しい金額です。

また、仕事を続けながらとなれば、決まった日時で受講しなければならない、時間的な拘束もマイナスポイントです。
しかも、噂によると通学であっても、授業はビデオ講義が主体ということ…。
ソレって、高額な受講料を払ってまで通学する意味はあるのでしょうか!?


>>私が合格した学習方法<<

短期間で基礎知識を吸収する裏技!

短期間で基礎知識を吸収する、一番手っ取り早い方法は、講義を視聴することです。
これに勝るものはありません。
ですが、その講義をより自分のものへとしていく方法があります。

それは、講義だけではなく、テキストを読んでいる時にもいえる事です。
是非このページで紹介している攻略法を学んで下さい。


人間は、何かを覚える際、単純なことだけでは中々頭に入ってきません。
例えば、行政法のテキストを一通り黙読して、読み終わった頃にはほとんどの用語は、覚えていないはずです。
しかし、それは当たり前の話で、一度読んだだけで全て覚えられるなら誰も苦労しません。
それは、何度も復習してはじめて自分のものになるのです。
ですが、少しの勉強量でもできるだけ長期間記憶に留めておく事はできます。


その方法が5感をフルに使う事です。
読む、見る、聴く、話す、動く、教えるなど方法はたくさんあります。

皆さんにも経験があるのではないでしょうか?
例えば、何か痛い思いや辛い思いをした時のことや、好きなスポーツに関する専門用語などを忘れにくい事はあると思います。
そうしたことは、五感を使って感じているので、長期間覚えていられるのです。


基本的に勉強もこれと一緒です。
テキストをただ読むのではなく、声に出したり、書いたり、または人に教えたりする事で、効率よく知識を吸収できます。
DVD講義の場合でもただ見るだけではなく、ノートに書きながら視聴する、「なるほどぉ」と頷きながら自分が参加しているかのように視聴するなど工夫していけば 、より効果を発揮することができるようになります。

一見馬鹿らしいように思えるかもしれませんが、そうした事の積み重ねが後々、大きく響いてきます。

これから行政書士に挑戦する皆さんは、できるだけ少ない勉強時間で合格したいと考えていることでしょう。
それは誰もみんな同じです。嫌いな勉強を長時間続けたいと思わないですから。

ですので、少しでも効率的に吸収できる勉強法を実践することが大切なのです。


>>私が合格した学習方法<<

勉強時間捻出テクニック

俗に〝行政書士試験には最低限600時間の勉強が必要〟とされています。とはいえ、初めて法律を学ぶのでしたら、もう少し、やはり700時間以上は必要ではないか、というのが私の印象です。
試験までの期間が1年間ある場合、毎日約2時間を試験勉強に費やす必要があるということ。
でも、毎日確実に2時間の勉強時間を確保できますか?
1年の内には仕事の繁忙期もあるし、出張が多いという人もいることでしょう。
また、家族や親族関係の外せない用事だって年に数回はあるはずです。

では、どう勉強時間を捻出するか。勉強できない日はしない、というのもいいでしょう。
中途半端にするよりも、思い切ってその1日は捨ててしまうのも良いと思います。
でもその替わりに、出来る日は最低でも3時間を勉強に費やすこと!
3時間勉強できる日を240日確保すれば700時間のノルマは消化できます。
240日といえば、約8ヶ月間です。残りの4ヶ月は自由ということです!

もちろん、単なる計算上の結果ですが。
個人によって向き不向きがあると思います。自分に合った勉強法、ペース配分を見つけてくださいね。

とはいえ「1日に3時間も時間を作れない」という人もいることでしょう。
しかし、1日の中には、〝スキ間時間〟が意外と多くあるもの。

そこで!スキ間の時間を勉強時間に転換する、捻出テクニックを紹介しましょう!

■勉強時間捻出テクニック

★その一:起床時間を1時間早める!
⇒ 仕事を終え帰宅してから勉強するのは、かなりの精神力を要するもの。
  なら、朝1時間早く起きて勉強時間を作ってしまう。朝は頭もクリアで、
  暗記にはもってこい! 身も心もリセットされた状態で勉強しましょう。

★その二:通勤時間を有効活用!
⇒ 電車やバスで過ごす通勤時間は代表的なスキ間時間。密接する電車でも、
  フォーサイトのコンパクトなテキストなら、無理なく広げられるはず。
  座れない時はCD講座を聞き復習するなど、教材も有効活用を!

★その三:一服時間を勉強に!
⇒ ランチタイムや外回りの際の休憩など、カフェや喫茶店で一服する機会
  は多いもの。そんな時、テキストを持参しておけば勉強時間に早変わり!


>>私が合格した学習方法<<

過去問こそが合格への近道

試験対策にはよく過去問演習が一番効果的といわれています。

受験生の中には「毎年同じような問題は出ないでしょ」と思っている人がいるのですが、やはりまた次の年も同じような問題が出題されるのです。これは私も実際に試験を受けたのでよくわかります。

ではなぜ、毎年同じような問題が出題されるのでしょうか。
その理由を下記にまとめてみました。


■試験問題として使える箇所はある程度決まっているため
出題範囲が決まっている試験は、試験問題として使える箇所はそれほど多くはありません。
そのため、毎年同じような箇所から同じような問題が出るのです。

■受験生のレベルを統一するため
受験生のレベルを判定するには、同じようなレベルの問題を出題して判定しなければなりません。


以上の点から、毎年同じような問題が出題されるため、過去問はしっかりとやらなければ合格できないのです。
とはいえ、まったく同じ問題は出ないので、ご注意を。

では、どれくらいの量の過去問をやれば合格に近づけるのでしょう。

一般的には10年分の過去問をやった方がよいといわれています。

それを何回やればよいかということですが…、
試験の目的はあくまでも合格で、合格基準点をクリアすることが目標なので、そのためには、過去問はほぼ正解するくらいの力が必要です。
たとえ、過去問を10回やっても5割程度しかできないのであれば、それ以上やらなくてはいけませんし、逆に3回やってほぼ正解できるのであれば、それ以上は繰り返す必要はありません。10回やってできなければ、11回、12回とやればよいのです。

数回でできる人はそういませんので、気負いすることありませんよ。
ただし、過去問を解いたあとのフォローは大切です。
間違えた箇所は徹底的に見直しておくことは、絶対にやらなければいけません。

脳科学を駆使してやる気を出す方法

「今日はどうしてもヤル気が起きない」ということは誰にでもあるものです。
でも、他にやるべきことが無い場合、それは飽きや甘えでしかありません。
正直に言います。そんな時に勉強できる人こそ、輝ける〝行政書士〟という 資格を手に入れることができるのです! 

〝ヤル気〟は自分でコントロールできるって知ってます?
某塾の講師に お願いしなくても「ヤル気スイッチ」は自分で押すことができるのです。

脳科学の専門家曰く、〝ヤル気〟は脳の「側坐核」という場所で作られていて、刺激を与えると徐々に機能し始め、これを「作業興奮」というとのこと。
つまり、ヤル気が起きなくても机に向かいテキストを読み始めたり過去問を 解いていくことで、徐々にやる気が起きてくるということ。

「今日は勉強したくねー!」という日こそ、まずテキストを開いてみましょう!


■復習で記憶を短期から長期保存へ

ついでに、脳の話をもうひとつ。
同じ方が言っていたことでさらに興味深かったのが「忘却曲線」という話です。
これは、記憶に関することで、「脳は一旦記憶しても、4時間後には記憶した量の半分しか覚えていない」ということ。

この記憶した量と忘れていく時間の関係性を示したグラフを「忘却曲線」といい、この曲線の遷移に大きな個人差は無く、つまり、記憶力は人により大差はないということでした。

でも、記憶力が抜群にいい人と物忘れが激しい人って確かにいますよね?

このカラクリはというと……。
記憶には短期記憶と長期記憶があり、数時間後に忘れてしまうのは、短期記憶しかされていないからなのです。
長期記憶するためには、その保存場所である「大脳皮質」に格納してやる必要があり、そのためには繰り返し復習するしか方法はないとのこと。

つまり、記憶力がいい人というのは、興味の強さや必然性の高さにより、繰り返し復習することで、大脳皮質にスリ込んでいるということなのです!

ということは復習を繰り返せば誰もが確実に記憶力は良くなるということ。

『テキスト←→CD/DVD&過去問』をしつこく繰り返せば、
暗記が苦手な人もいつしか長期記憶として蓄積していくことができるのです!


>>私が合格した学習方法<<

効率の良い暗記法

「効率良く暗記ができたら…」「自分が天才だったらいいのに…」
これは行政書士のみならず、試験勉強をしている人なら誰もが思うこと。

すべてがパーフェクトに覚えられるとはいいませんが、下記の方法で学習すれば、もしかしたら天才風!?にはなれるかもしれません。

その方法とは…復習です。

多くの人は、なーんだ、復習か…と思ったかもしれませんが、ただ復習をすればよいというわけではありません。
復習で一番大切なのはタイミングなのです。

<もっとも効果的な復習プラン>

  1. 学習した日の夜に1回目
  2. 学習した翌日に2回目
  3. 1週間後に3回目
  4. 3週間後に4回目
  5. 7週間後に5回目

脳科学を研究している先生の本をもとにしているので、これは間違いないと思います。
人間の脳は残念ながら覚えることよりも忘れることを得意としています。少しでも脳に定着させるためには、上記のタイミングで行う復習が一番なのです。

また、復習の効果というのは、同じ対象のもののみに現れるので、いろいろなテキストで勉強しても効果はありません。
例えばそれば、カラーがモノクロになってもそう。同じテキストで何度も復習することが効果的に暗記する一番の方法なのです。

とはいえ、復習って同じことを繰り返すだけで楽しくない!と嘆いているあなた。
ただ単にテキストを読むだけではなく、講義DVDやCDといったメディアをうまく利用していけば、単調な復習も少しは楽しくなるのではないでしょうか。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

試験直前の勉強法

勉強法として最後に思い浮かぶのは、やはり試験直前の対策でしょう。

行政書士試験は年1回、11月第2日曜日に全国で実施されます。
その直前までに、テキストと過去問をひと通り終えていればいいかというと、それでは不完全。
可能であれば、受験年の9月までに終えて欲しいものです。それも、1回ではなく繰り返し3回くらいは!

お話したとおり、1回テキストを勉強したくらいでは覚えた知識は短期記憶にしかなりません。
復習することで長期記憶として保存され、本番でも確実に、スムーズにアウトプットできるようになるのです。

しかも、あれだけ幅広い試験科目をすべて網羅できる人など多くはありません。
誰であれ、弱い科目や単元は存在するはず。
そこをいかにして埋めていくかが、合否の分かれ目となると言っても過言ではありません。
直前のテキスト浮気は御法度!


また、残り1ヶ月を切った頃から、本番の試験に合わせた体調管理も効果的。
試験時間は13時~16時の3時間ですから、その時間に合わせ本番さながらに模試などに挑戦してみるのもいいでしょう。
試験というのは独特の緊張感があるものです。
そんな非日常の空間や時間でもしっかり実力を発揮するためには、やはり慣れしかありません。
余裕があれば、各資格学校などで開催される、オープン模試を受けてみるのもいいでしょう。


私が考える理想的な試験直前スケジュールはこのようになります。

【9月】直前期
資格スクールなどで行う「模擬試験」を受ける。
模擬試験で間違えた箇所を見直し、自分の弱点を徹底的に強化する。

本試験では誰もが緊張するため、思わぬミスをしてしまうことも…。
それを回避するためにも模擬試験を一度体験しておくことはとても重要なのです。
さらには、自分の弱点を知ることができるので、本試験までの間の弱点補強ができるというメリットもあります。
これも過去問と同様で、やったあとのフォローが大切。間違えた原因を把握し、テキストで確認、さらには問題演習をしておきましょう。


【10月】超直前期
模擬試験のフォローと、問題演習を中心に学習。
1分1秒を無駄にせず、とにかく勉強時間を増やす。

よく書店などでは「直前対策」なる本が置いてありますが、新しいテキストや問題集には手をつけてはいけません。今までやってきた問題演習を中心に学習しましょう。
また、ゲームやテレビは我慢すること。試験日までは時間を無駄にしてはいけないのです。


【11月】本試験日
事前の準備はしっかりと行うこと。
早めに寝て、徹夜は厳禁。

いよいよ試験当日です。事前に持って行くものを紙に書き、照らし合わせながら準備をしましょう。
前日の徹夜は厳禁です。前日に徹夜をやったところで、覚えられる箇所なんてたかがしれています。
早めに寝て、その分早く起床しましょう。