カテゴリー別アーカイブ: 仕事の魅力

行政書士資格をお奨めする理由と、その仕事の魅力

■行政書士の魅力は守備範囲の広さ


行政書士の仕事の魅力とは何か?
もちろん、いろいろあります。でも、私が考える一番のポイントは、
『仕事の守備範囲が広い』こと。
行政書士が作成を担当する書類は1万種類を超えるとも言われています。

行政書士でなければできない仕事の種類がたくさんあるということは、『独立しやすい』ということを意味します。
もちろん、仕事の守備範囲が広いということは、簡単な仕事(安い仕事)も多いということでもありあますが。
私の場合は「大きくお金を儲けたい!」という気持ちはサラサラ無く、甘いと言われようとも誰かの役に立てる仕事かどうかという、いわゆる”やりがい”重視派です。
お金はそれほど儲からなくても、自分が世の中の誰かに必要とされ、担当できる仕事がたくさんあり、独立して、できるだけ長く仕事を続けていけるかどうかが重要でした(この目標は現在でも変わっていません)。


行政書士の仕事は、ごく簡単に言ってしまえば『役所などに提出する書類の作成業務』です。
この”役所などに提出する書類”の種類が幅広くあります。

大きく分けると以下の3種類に分けられます。

◆行政書士の業務内容
 1) 『官公署に提出する書類』の作成
 2) 『権利義務に関する書類』の作成
 3) 『事実の証明に関する書類』の作成


1)の『官公署に提出する書類』は、主に許認可申請に関する書類です。
飲食店などの営業許可証や会社の設立申請書類、車庫証明申請書類などなど。各省庁、都道府県庁、区役所などに提出するこれらさまざまな書類を作成します。

2)の『権利義務に関する書類』の代表例は、遺言や相続に関する書類の作成です。
その他公正証書の作成や、債権債務問題(借金問題)における必要書類の作成、時に交通事故などの際の示談書の作成も行います。

3)の『事実の証明に関する書類』とは、実地調査に基づく各種図面類や、定款、議事録、会計帳簿などがあります。

実際の仕事としては、それぞれの書類作成の前段階から、お客さまのご相談にのることが多いですね。
社会生活上どなたにも必要になる身近な問題が多く、実務経験の多さがそのまま実務能力の高さにつながっていくので、私のように細々とでも長く仕事を続けたい人間にピッタリです。


そして実は【行政書士】は、『大きく稼いでリッチになりたい!』という方にとっても好都合なことがあります。
それは、経営が安定すれば(仕事が安定的に確保できれば)補助者を多く雇って経営組織として大きくすることが比較的容易にできること。
事前の相談には実務知識や経験が必要ですが、書類の作成のみを考えれば、所定の書き方さえ理解すれば比較的手間の少ない種類のものも多いので、補助者を上手く活用し、組織として大きく成長させていく事ができます。


以上が【行政書士】の大まかな仕事内容と、私にとっての仕事の魅力です。資格取得について検討中の方、ぜひ参考になさってください。

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は、一言でいうと「代筆屋」でしょうか。

そのわけは…行政書士の主な仕事が、

  • 官公署などの行政機関に提出する書類作成と、提出の代行
  • 権利業務に関する書類の作成と、その代理
だからです。
さらに、多少限定はされますが法律問題のアドバイスもします。

具体的には…

■官公署に提出する書類関係
  • 建設業許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 会社設立申請
  • 医療法人設立
  • 永住許可申請
  • 在留期間更新許可申請
などなど。

■権利業務に関する書類関係
  • 遺言書作成
  • 契約書
  • 公正証書
  • 債権等の和解書
  • 交通事故等の示談書
などなど。


上記の業務はほんの一例で、行政書士が扱う書類の数はなんと1万種以上にもおよびます。
遺言書や契約書等の作成といった個人的な依頼から、会社設立や建設業許可申請などの法人の依頼までを行う書類のスペシャリストなのです。

行政書士の主な仕事

行政書士は、行政と生活者を結ぶパイプ役。

行政書士と言えば、役所(行政)に提出する書類の作成などが主な仕事になります。
住民にとって生活のために欠かせない手続き(書類作成・提出)をスムーズに行い、安心して暮らせるようお手伝いをします。

自分には必要ない、と感じているかもしれませんが、そうではありません。
とても身近な役割を担っているのです。
例えば車庫証明。車を購入すれば必ず提出しなければなりません。
ディーラーさん経由で済んでいる、と思いでしょうが、ここで行政書士が活躍していることも多いのです。
他には「会社の設立」に関する書類や、在留資格認定に関する書類なども取り扱います。
これらは、あまり身近なものではないかも知れませんが、
「行政書士」が取り扱う書類の数は10,000点以上と言われるほど。
それだけ活躍の場があり、市民生活には欠かせない存在になっています。


「行政書士」の主な仕事

  1. 官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務
  2. 権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務
  3. 事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務
上記に挙げたのは「行政書士」の仕事の分類です。
大まかに3つに分けましたが、それぞれに確認事項や打ち合わせ事項が発生するため、法律の専門家として行政書士が頼りにされるのです。
これらの業務に当たる上では、社会経験がモノを言う場面が多いのは想像に難くありません。
ですから、就職して実務を経験し、次なるステージを目指すために「行政書士」の資格を…というケースが多いのです。

行政書士資格の受験者は、20代、30代が全体の7割以上を占め、40代まで加えると8割以上になります。
社会人になってから準備を始め、行政書士の試験にトライする人の割合がいかに多いかがわかります。

行政書士の資格の魅力

資格があれば就職に有利なのは当然のこと。

「どんな資格があるのか?」「自分はどの資格を目指すべきか?」、じっくり考えてください。
一般的には“法律系”の資格は、就職・転職あるいは独立開業に強いと言われています。
「行政書士」や「社会保険労務士」「ファイナンシャルプランナー」「宅地建物取引主任者」などが
該当する資格です。
他にも「通関士」「中小企業診断士」といった資格もあります。

私自身は社会人になってから資格を目指し、「行政書士」の試験に合格しました。

とはいえ、もっと早く資格を取っていれば、就職にも有利だったはず…という気持ちもあります。
そんな反省!?を踏まえて、学生時代に資格を取ることについて考えてみます。

行政書士は就職に有利な資格。
そして、転職にも、独立にも断然有利です。


就職をしようと履歴書を書いている時のことを思い出すと、
「免許・資格」の欄に何か書ければ良かったのに、と思うことがあります。
大学での専攻を生かし、取得できる資格もあれば、在学中から独自に目指す資格も。
“法律系”と言われる資格は就職に有利とされています。「行政書士」もそのひとつ。

ただ、新卒での就職のために、学生のうちに取得するというケースは少ないのかもしれません。
10代の受験者数は全体の数パーセントです。
同じ法曹界でも、司法試験は超難関ですし、司法書士にしてもかなりハードルの高い資格です。「行政書士」は、そこまでの難易度ではありませんが、簡単に取れる資格ではありません。
就職のために「行政書士」の資格を取りたい、そう思ったら、それ相当の覚悟が必要なのです。


社会人になってから目指した「行政書士」

持っていれば就職に有利な「行政書士」の資格ですが、私は社会人になってから取得しました。学生のころは、そんなことまで考えていなかったんです。

しかし、社会に出てからでも遅くはありません。
ただ、働きながら学ぶというのは、思った以上に大変でした。

目標は明確でも、時間的な制約や勉強に集中できない時期が度々あり、苦労したものです。
私の場合は、通信講座との出会いで一気に合格が近づきました。


そしてもう一つ、私の経験から言えますと
就職に有利な資格だと何度も言っていますが、「行政書士」の資格を取ったからといって、
行政書士事務所に就職できるというものではありません。
資格があれば就職、転職に有利なことは間違いありませんが、
それよりも「独立開業」を意識したほうが視野も広がり、やりがいは大きくなりますよ。


>>私が合格した学習方法<<

具体的にどのような書類なんだろう

「官公署への提出書類」「権利義務」「事実証明関連書類」?

行政書士の主な仕事について、前のページで3つに大別しました。
具体的な例をいくつか挙げておきましょう。
ただしこれは、10,000点以上ある書類のほんの一部に過ぎません。

■車庫証明
自動車を買えば必ず提出しなければならない書類。
平日に二度、警察署へ行かなければなりません。
通常はほとんどディーラー任せですが、「行政書士」なら必要書類の作成以外にも、自動車にまつわる手続等、何でも相談に乗ってくれます。

■農地転用許可申請
農地所有者が、その土地を農地以外に転用する際、必要となる手続き。
市街地に農地を持っている場合、行政書士にアドバイスを受けることが多くなります。転用は、住宅だけでなく工場用地や道路、駐車場など、さまざまなケースも。
また、売却も許可が必要となるので、土地に関することも「行政書士」の出番。

■飲食店等の開店許可申請
脱サラにして飲食店を…そんな時、行政書士が許可申請手続きをサポートします。
保健所や所轄署など、複数の官公署への提出書類があり、また店舗の形態によって許可申請手続そのものが違ってきます。

■建設業者の許可申請
一定規模以上の建設業であれば、国土交通大臣または都道府県知事の許可申請が不可欠。
複雑な書類作成で力を発揮するのが行政書士。
「経営状況分析申請」「経営事項審査申請」「入札参加資格審査申請」といった、
経営の根幹にかかわることもありますので、コンサルタントとして力を発揮する場面も。

■日本国籍の取得と就職
国籍にまつわる手続きでも、行政書士が登場。
日本人との婚姻や、日本で生まれ育った外国籍の人が日本国籍の取得を希望する場合の窓口になります。
主に、法務局との折衝や手続業務を遂行。
これらの業務に関しては、一定の研修を受けた申請取次行政書士が活躍することもあります。

幅広い業務に携わる「行政書士」はやりがいのある仕事です。
資格を生かして就職するのではなく、独立開業を目指す──それだけ可能性が
広がる資格ですから、「フォーサイト」の通信講座でチャンスをつかみ取ってください。

合格したら…

  • 目指すは就職よりも独立開業。
  • 就職を有利にするために資格を取る。
  • 転職を有利にするため資格を取る。
目標を設定し、努力を続けるとモチベーションが上がります。

「行政書士」の試験は11月第2日曜日。
全国の会場で一斉に実施されますから、頑張っているライバルたちのことを思い、走り続けましょう。

そして、合格したら次のことへ。
行政書士の資格を生かす道を探ります。

たとえ合格したとしても、それだけでは有資格者に過ぎません。
全国47都道府県に設立されている行政書士会に登録を済ませ、初めて「行政書士」として仕事に関わります。
独立開業型の資格ですから、最終的には事務所を設けて活躍する。
そのためのスキルアップは、先輩事務所でアルバイトをしたり、仕事を紹介してもらったり、とにかく実践あるのみです。

その助けとなるのが行政書士会。
さまざまな研修を実施したり、情報提供を行ったりして、行政書士をサポート。
また、広報活動や無料電話相談、街頭無料相談会などにより、多くの人に相談の機会を提供し、行政書士の活動場を広げています。


独立開業型と言われる所以

行政書士として就職しようとしても、思ったような結果は得られません。
資格があれば有利、と考えるぐらいが良いのです。
平成21年3月時点では、行政書士としての登録者数39,846名に対し、法人登録は156でした。
そのまま就職の可能性を示すものではありませんが、やはり「行政書士」は独立開業型の資格。そう考えて、将来を見据えましょう。資格取得を思い立った時、多くの人がイメージした通りに。
合格を目指したモチベーションを、こんどは“独立開業”に切り替えれば、何にでもトライできるはずです。

やる気を出す、集中力をアップする、途中で挫折しない…
これらのことは「フォーサイト」の通信講座でアドバイスされたことを、
いつでも思い出してください。

“楽しく仕事をする”…これについては、そろそろ自分で見つけたほうが良いでしょうね(笑)

行政書士の看板があれば、年収は右肩上がりに!?

行政書士は稼げるのか、よく聞かれる質問です。
開業を含め、行政書士を目指している人には大きな疑問になりますよね。

しかし、稼げる仕事かどうかは、資格を取ったあとの本人しだいです。
行政書士は独立開業型の資格と言われていますが、安定した収入を確保し、さらに事業拡張を目指すならば、営業努力が何よりも大事です。
難関を突破したとは言え、条件はみな同じです。
「行政と生活者のパイプ役」「10,000点以上の書類を取り扱える」のは事実で、幅広い業務が待っています。
が、年収アップのためには、顧客の新規開拓に努めなればならないのです。

これは、いわゆる「士業」に共通するもの。
行政書士の看板を掲げただけで依頼者が集まってくるものではありません。

気になる行政書士の年収はというと…
各々の状況により、同じ資格を持っていてもバラバラです。

平均としては4~500万円ぐらいだと言われています。でもこれは、あくまで平均値。
300万円以下の人もいますし、稼いでいる人なら1,000万円以上の年収という話もよく耳にすること。おそらく仕事の進め方や営業法など、何かコツがあるのでしょう。
残念ながら、私自身は「年収」をテーマにし、その核心を語るキャリアは持ち合わせていません。

取り扱う書類の多さはご存知の通りですが、報酬についてもある程度裁量が任されているのが行政書士の仕事。
手の掛からない仕事(=単価が低い)を数多くこなすやり方もあれば、
時間と手間が掛かる仕事(=単価が高い)にじっくり取り組む方法もあります。
さらに、キャリアを積んでコンサルティングを請け負うようになれば、ステップアップは間違いありません。

そのためにも、「早めに専門分野を見つけること」というアドバイスを受けました。
強い分野があれば口コミで広がり、紹介を受けて人脈が広がって行くからです。

「行政書士」で独立開業を果たせば一国一城の主。
頑張れば頑張っただけ、自分への評価が高まり、年収アップにつながる。
これこそ、資格取得を目指す一番のモチベーションです。

合格までの道のりは平坦ではありませんが、最後まで決して諦めないでください。


>>私が合格した学習方法<<

余談ですが、結構稼いでいます。

一念発起して行政書士の試験に挑戦。長い挑戦になりましたが、何とか合格できました。
自分一人だけでの小さな開業ですが、ここまでこぎつけられたのは良かったです。サラリーマン経験も生きました。
仕事に刺激を求めていたものの、思っていたよりも地味な仕事でした。それでも、今までとは人との関わり方が違っており、自分が必要とされている実感が嬉しいものです。

ちなみに行政書士の年収はいくらぐらいだと思いますか?
みなさんも気になって検索したはずです。これは相当な幅があって、100万円というケースもあれば、1千万円を超えるケースも。平均すれば400~500万円ぐらいでしょうか。副業にしている人がいたり、看板を掲げても実態がないケースがあったりすると聞きます。私の場合、それなりに稼げるようになってきました。やりがいと収入を両立させられるのも、この仕事の魅力ですね。

きっかけはどうあれ、行政書士を目指すと決めたら万全は準備にしましょう。
仕事内容や報酬(年収)、試験内容、難易度など、何度もインターネットで検索したと思います。過去の問題集を確認することも大切ですが、どのように勉強をするかが重要になります。いろいろな方法がありますが、自分に合う方法はどれかをしっかり検討してくださいね。

もし、”通信講座で……”と決めたら、「フォーサイト」を調べてみてください。
違いがわかったら、即行動!
そのときにはすでに合格への第一歩を踏み出していますから、自信を持って進めば良いんです。
私も「フォーサイト」で迷いがなくなり、あとは合格一直線でした。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<