タグ別アーカイブ: フォーサイト

私が迷った通信講座比較

実は私も、通信講座を選ぶときには、どの学校の講座にしようか迷いました。
2度目の受験のとき、つまり最初に通信講座で勉強した時にも、パンフレットなどを取り寄せて比較してみたのですが。
私が迷ったのは、LECとユーキャンでした。

まずは、LEC。
検索すると、たくさん出てくるんですよね。だから知った、という感じでした。
知恵袋や教えてgooの回答でよくベストアンサーに選ばれてました! あれって、合格者が答えているんでしょうか。それとも有名な学校だから取り上げられているだけなのか。
まあ、そんなに有名なら…という気持ちで、LECのホームページを見ました。法律系には強いって聞いたことがあるし。

で、感想としては。いきなりクレームになってしまうんですが、受講料がどこに載ってるのかわかりませんでした。重要なことなのに。イライラさせられました。
○○円引き! などの文字はすぐに見つかったのですが、肝心の受講料がどこにあるのか…時間がかかりました。
まあ、結局見つけた受講料は数十万円単位の高いもので、予想はしていましたが、私には払えない額でした。

それから、コースが多すぎてわからない!
初心者コースにすれば良いのかな? と思いきや、別な名前のコースにも、「初心者OK」などと書いてあるんです。組み合わせがたくさん。何年も勉強してる人は自分の苦手なところだけ受講すれば良いのかもしれませんが、だからと言って、LECでの受講がはじめてだったらどうしよう、と悩んでしまいそうでした。
私の場合は価格面ですでにあきらめてたので、ここはもう参考程度に見ている状態でしたけれども。

そして次はユーキャン。
いわずと知れた資格ブームの火付け役? なのかな。
毎日CM見ますよね。何もしていない自分が怠け者に思えて、やる気が出てくるほどのCMです。
LECはほとんど通学講座のようなものなので、受講料の面でも、通学時間の面でもあきらめていたのですが、ユーキャンは最終候補に残っていました。
コースなどもわかりやすかったです。考えることはほとんどなくて、5万円で教材が送られてくる。
それをやればいい。それだけですね。

本音をいうと、最初のうち「合格」というものに対して一番信頼していたのはLECでした。
たくさんの人が受講しているし、コースがややこしくてもたくさん用意されているということは需要があるのだろうし。講義の数自体も多かったので、みっちり勉強できるんだろうとも思いました。
でも、やはり通学するだけの時間はなくて。

それならユーキャンかな…とも思ったり。
でも、やっぱり「合格」ということに対して信頼感を持てませんでした。

そして、最後はフォーサイトで合格しました。
通信講座を使っても失敗していたので、本当に良いのかな、という心配はありましたが。
決め手としてはいくつかの理由があります。

  • 私にとっては信頼できる人からの口コミ。
  • 「合格」に対して信頼できる、合格率の高さ。
  • LECと違い、通学ではないので時間も費用も私にも何とかなる。
  • 取り寄せて比べてみた教材が、ユーキャンよりも良さそうだった。
すべて私にとっては重要なことでした。
皆さんも、価格のお手ごろさ、わかりやすさ、効率の良さ、合格率、勉強のしやすさ、いろいろな判断基準があるでしょう。
自分にとって重要なところを見失わないように通信講座を選んでください。


>>私が合格した学習方法<<

年間スケジュールを考えてみる

受講する通信講座も決まり(って、フォーサイトへの受講が前提ですが……)勉強体勢も整いました。

では、いざ勉強開始! 
と、その前にやるべきことが。

そう、勉強のスケジュールです。
多分、みなさんは半年~1年間の勉強期間を設けていることでしょう。
そこまで長期間の勉強には、その〝道標〟となる スケジュールが必須です

仮に期間を1年間とした場合を考えてみましょう。

☆試験勉強年間スケジュール例☆

<12月~1月:知識吸収期>
基礎法学→民法→行政法→商法→一般知識の順でテキストを読み、1冊毎 にCDかDVDで復習。
この時点では内容がわからなくても、まず通読し、行政書士試験の全体像を把握することに勤める期間。

<2~5月:理解促進期>
再度、同じ順番でテキストを読み副教材で復習を。
ただし、この期間では 読むだけでなく、要点を記したノートを作成したりテキストへ書き込む (フォーサイトのテキストにはメモ欄が豊富!)など、理解を深めること。

<6~8月:アウトプット期>
上記の半年間で吸収・理解した知識を、各種テストで一気に放出する時期。
フォーサイトの合格講座には、科目・単元別の重要項目を一問一答形式で出題する「チェックテスト」や、PCを利用し○×で回答するゲーム形式 の演習問題システム「道場破り!」。
また、年間で13回も実施される「確認テスト」と、腕試しの機会が豊富。これら各種のテストに挑戦することで、理解が低い科目や単元が明確になるため、効率的な復習が可能だ。

<9~11月:過去問&復習反復期>
いよいよ追い込み期間! 
ここでは科目別に用意された過去問題集を解き、不正解の箇所をテキストで復習する、ただそれのみ!
しかも、最低3回は繰り返したい。過去問とテキストを繰り返すことで、 うやむやな知識を、明確な記憶として定着させることができるのだ。
ともかく、この反復復習を試験前日までしつこく行うこと!

テキストが使いやすい! DVD・CD講座で捗る!

独学で勉強しようとしても、テキスト一冊選べなかった、とお話ししました。
何種類もあって、正直、どれがいいのか判断がつかないのです。
帯には推薦の言葉が並んでいますが、ページを開くとどれも同じに見えてしまう…。
おそらく、みなさんも経験したはずです。

その点、通信講座ならオリジナルのテキストや問題集が届くので安心。
信じて、それをやり通すことが合格へのカギ。
「フォーサイト」なら、そのテキストや教材にさまざまな工夫が施されています。

そのひとつが「合格ラインを狙うテキスト」
従来のテキストに比べ、内容は2/3にスリム化されています。
“これで大丈夫!?”と思ってしまうほどですが、それは満点を取るためのテキストではないから。
行政書士の資格を取るには、試験で“合格点”を取ればいいのです。
そのために必要不可欠なポイントを押さえ、わかりやすく解説

オールカラーで重要項目が把握でき、図表化されていることで複雑な知識も頭に入りやすいですね。
しかもコンパクトなB5サイズ。これは、使い始めると良さを実感します。
カバンに入れて持ち運び、いつでもどこでも、ちょっとした空き時間を使って読むことができました。

テキストと並行してメディア教材(CD、DVD)を活用することで、知識の定着が図れたのも良かったですね。
少し遅れたかな、と思ってもCDで講座を聞くだけでホッとひと安心。
とにかく、つねに法律の専門用語に触れることを意識して勉強に取り組んだことが、成果となって表れました。

メディア講座は多くの学校が取り入れてはいますが、
「フォーサイト」は講師のキャリアやクオリティの高さ、制作スタッフの熱意が違います。
業界初の通信講座専用のハイビジョンスタジオを備え、
講師の話し方、目線の配り方、画質・音質など、あらゆる面で最高のもの
を提供。
これも、実際に使ってこそ、その違いがはっきりとわかります。
話を聞くより(読むより)、実物を見たほうが早いので、まずは無料サンプル教材を請求すること。
“これは違う!”そんな第一印象があれば、その後の勉強も楽しく、最後まで続けられます。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

おすすめは通信講座

この通信教育で合格! 「通信」がいい理由は?

行政書士を目指そうと思った時、どのように勉強すればいいのか、あまり深く考えませんでした。
参考書を買って、空き時間を利用して勉強すれば大丈夫だろう、そんな認識だったのです。
いうなれば「独学」ですね。
お金を掛けるつもりはなく、書店に行けばコーナーがあるほどですから、テキスト・参考書は選り取り見取りで迷ってしまうほど。実際、どれがいいのか選ぶことはできませんでした…。

結局、「独学」は難しいとわかり、勉強法を調べることにしました。

「独学」以外では、専門学校や予備校に通う「通学」、
通信講座を受講する「通信」があるとわかりました。

勉強だけに専念できればいいのですが、仕事があるのでそうもいきません。

学校に通えば、効果的に学べるはずです。
無理なく通える教室がないか、あれこれ探してみましたが、条件に合うところはありませんでした。
仮にあったとしても、授業料が希望通りとは限りませんし…。

そこで、「通信」に的を絞って調べることに。
そう言えば、CMでよく見ていたのも資格が取れる通信講座でした。
ただ、他にも多くの通信講座があるとわかったので、自分なりに納得してから決めようと思ったのです。

そして、出合ったのが「フォーサイト」でした。
お金があればTACやLECの通学講座でもよかったんですがね…

まず気に入ったのが受講料の安さ。
試しに、HPにアクセスすると価格設定のバリエーションに驚かされます。
しかも、度々キャンペーンがありますから要チェック!
例えば(いずれもキャンペーン価格)、

「単科講座 基礎講座2014年試験対策」
CDコース 31,900円/CD+DVDコース 51,500円
「バリューセット 2014年試験対策(基礎+過去問講座)」
CDコース 57,000円/CD+DVDコース 74,600円

他にも「直前対策講座 2014年試験対策」
「バリューセット2 2014年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)」がありますから、必要に応じて講座やセットをセレクトできるのがいいですね。

もちろん、効果が上がるのは折り紙付き。
確かな実績があるからこそ、全国平均以上の合格率を誇っているのでしょう。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

マイペースなら通信講座「フォーサイト」がおすすめ!

私も当初は「独学」で大丈夫、と思った行政書士の勉強。
ところが、テキスト1冊選ぶことができませんでした。どのような内容を、どのくらい深く学べばいいのかさえわからないのです

──財団法人行政書士試験研究センターのホームページを見れば試験範囲がわかります。

「憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)、民法、商法および基礎法学の中からそれぞれ出題。法令については、平成○○年4月1日現在施行されている法令に関して出題」とのこと。

はっきりいってよくわかっていませんでした。
これは独学は難しい、そう感じました。

「通学」は、経費の問題や希望する条件に合う学校がないことから諦めました。

そこで、「通信講座」です。
経費的に問題はなく、何よりも自分のペースで勉強できるのが良かったですね。
マイペースで取り組みたい方には打ってつけ。

しかも、私も使いましたが、「フォーサイト」なら、マイペースといえども甘えが出ることはありません。
勉強を始める時期から逆算し、合格までの計画をしっかり立てることができます。
しかも、知識を詰め込むような講義ではありません。
無理がなく、少しの遅れは取り戻せますから、“終わってみれば予定通りに合格!”でした。
無理なく、楽しく、最後まで。これが「通信」で学ぶ際の鉄則。
加えて、繰り返し復習することが欠かせません。

行政書士を目指すなら「通信」でのチャレンジがお勧め。
私が受講した「フォーサイト」なら、マイペースを守りつつ、十分な手応えを感じことができるのです。

先に見た「合格率」は気にしないこと。
「フォーサイト」のホームページにある、“全国平均の2.30倍の合格率!”を心に刻んでください。

どうして“無理なく、楽しく、最後まで”続けられるのでしょうか?
何度も復習できるのでしょうか?
それは、「フォーサイト」の教材づくりやフォローシステムにヒミツがあります。
ここからは、他の通信講座とはひと味もふた味も違う、「フォーサイト」の特長をお伝えしましょう。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

楽しく、最後まで。飽きることはありません。

行政書士に限らず資格の勉強は、楽しく最後まで続けられれば、きっと合格できるはず。

独学はテキスト選びも大変、通学は通えるところがないなどと言いましたが、それでも継続できれば結果は得られるでしょう。

もちろん、お勧めは「通信」。
それも「フォーサイト」の通信講座です。

テキストのこと、メディア教材(CD、DVD)の特長をお伝えしましたが、物足りないのでもっと“利点”をお話しします。

まずはメディア教材。
DVD講座の内容がテキストに沿っており、両方を使うことで勉強が捗ります。
背景に映る「電子黒板」で板書要らず。
講義の間、自分のテキストで該当個所を目で追わなくてもいい。
ハイクオリティの音質・画質は聞きやすく(見やすく)、すんなり頭に入る…。
同じことを繰り返しましたが、隅々まで詰まっているのが“良いものをお届けしたい”というスタッフの熱意なのです。

そしてもうひとつ、大切な内容を網羅したのが『戦略立案編』。
これは、合格のための虎の巻、指南書です。
「合格に必要なノウハウ」「基礎知識を短期間で覚える方法」
「一定時間内に問題を解決する力を養う方法」「やる気を出すには?」
「集中力アップ法」「途中で挫折しない方法」
「学習時間捻出法」「学習プランの立て方」
「受かるタイプ・すべるタイプ」
目次に並ぶのはこんな言葉。

個人差はあるものの、合格に必要な勉強時間をもとに、各自に合った計画が立てられます。
そして何より、スタートすればゴールまで、伴走車のごとく付かず離れず一緒に走ってくれるのが「フォーサイト」。

例えば、「基礎講座の標準学習時間は120~150時間」
「過去問演習の標準学習時間は120~350時間」に設定されています。
各講座をひと通りやり終える目安の時間ですが、
スリム化された内容で「繰り返し学習」が可能でした。

実務家講師の講義は、時に実務のエピソードに及び、興味深く聞くことができます。
楽しく最後まで続けられたのは、さまざまな工夫が盛り込まれた通信講座だからこそ。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

フォーサイトでの勉強、教えます!

通信講座で勉強することにした、私にとっての3度目の行政書士試験挑戦。
フォーサイトに決めて、教材が届いたら、あとは勉強するだけです。

もちろん、本戦はここからなんですよね。講座選びは前置きですから。
重要だけど、重要じゃない。教材選びのプロになっても何の意味もないし。

フォーサイトの教材は、申し込んだらすぐに届きました。
講座は、基礎講座、過去問講座、直前対策講座があって、単科講座でも組み合わせでも申し込めます。
それぞれDVDコース、CDコース、DVD+CDコースがあるので、選択します。

文字で書くとたくさんありそうですが、シンプルなプラン設定ですよ。
わたしは、基礎+過去問+直前セットのDVDコースにしました。10万円くらいですが、これ以上追加で取られることはないし、DVDが付いていてこの値段なら十分リーズナブルだと思いました。

最近では基礎コース無料なんていう学校もあるみたいですね。でも、テキスト2万円、DVD2万円、直前コース2万円、模擬テスト1万円…のように、どんどんお金が必要になってくるらしい。どこまで勉強すればいいのかもわからないし、特に初学者には向きませんよね。


話を教材が届いたところに戻すと、教材が届いたら、セットに含まれている、ガイダンスや戦略立案(勉強の仕方など)、入門講座からはじめました。
どのような順序で、どのように勉強していくのか頭に最初に入れます。
入門講座は、行政書士試験の全体像をつかむのに役立ちました。もう3度目なのに、わからないことが多すぎたんだなあと痛感しました。そして、「やることたくさんあるなあ」と、気を引き締めてがんばる気持ちになりました。

その後、戦略立案の中で紹介されている通りにスケジュール作りをしました。
本試験日から逆算するやり方と、繰り返し学習が重要というのを主軸にして考えました。
それ以前に、「自分には一日にどれくらい時間があるのか?」というところから算出します。

フォーサイトを使ったときは会社員だったので、平日はまとまった時間が取れそうにありませんでした。
仕事が終わってから寝るまでの間くらいしか。でも、食事、入浴、飲み会…なかなかスケジュールが立てられません。
そこで、睡眠時間を前に動かし、早起きして時間を作ることに。
何とか朝の2時間を確保しました。

勉強を始めてから試験までは約9ヶ月間あったので、はじめの3ヶ月ほどで基礎講座を終わらせ、過去問講座を5ヶ月で終わらせ、最後の1ヵ月を直前講座に当てることにしました。
過去問講座がもっとも繰り返し学習が必要なので多めに取っていましたが、基礎が思っていたより遅れてしまい、結局4ヶ月ほどでまるまる2回解きました。本当は、3回くらいやるといいみたいです。

全体としてはこのような流れでした。具体的にはまた次回書きますね!


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

フォーサイトの口コミもチェック

通信講座の受講を検討している方にとっては、フォーサイト受講生のリアルな感想が気になるところですよね?
そこで、インターネットで見られるフォーサイトの口コミ情報をいくつか集めてみました。
実際に受講した方の生の声や、ほかの講座と比較した意見なども書かれていますので参考になさってみてください。

●フォーサイトの行政書士講座ってどうですか?
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1125997531)

●行政書士の資格を取得したいと考えています。10月に…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1134399451)

●調整書士試験の勉強を始めようと思うのですがフォーサイトの…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1432575254)

●行政書士を目指しています。通信・通学のお勧めの学校はありますか
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033805465)

●クレアールの行政書士試験における通信講座
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132555081)

●行政書士の通信教育についてですが、私は高校も中退していて…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026875320)

●行政書士の通信教育について! 通信教育を利用された方の…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1433121449)

●行政書士で質問です。通信講座に申込ましたがそれだけではと…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1325885293)

●行政書士の資格を取りたく、通信と通学で迷っています。みなさん…
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1325625198)


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

最高のDVD講義はこの通信講座

行政書士試験に、独学と、テキストだけの通信講座で挑んで失敗した私が、3度目の試験のパートナーに選んだのはフォーサイトの行政書士講座でした。

DVDの質がかなり高いことが選んだ理由のひとつ。
福澤講師の講義は、大画面の液晶ディスプレイを使った電子黒板の前で行われ、講義の進行に合わせて画面に文字や表が映し出されるという形式になっています。
講師が板書をするのを待つ無駄な時間もありませんし、専用スタジオで収録されているハイビジョン映像は鮮明ですので、とても刺激的なものでした。
もちろん、フォーサイトは通信専門校ですので、通学生向けではなく、マンツーマンで私だけのマイ講義を受けているような雰囲気で見ることができます。
しかも、福澤講師の講義には実務の話題もたくさん盛り込まれていて、私でも理解しやすく、合格後の自分の姿に置き換えて実務を想像することもできました。


youtubeにフォーサイトの講義がありました。迫力ありますよね。




もちろん、フォーサイトではDVDだけではなくテキストにも工夫が凝らされています。
テキストは、フルカラーで書かれている上に内容も絞り込まれているので、6割ギリギリの得点で合格を狙っていた私にはピッタリなものでした。
B5サイズで持ち歩きにも便利ですし、電車に乗っているときなどちょっとした空き時間にも学習することが可能です。
少し分かりにくいな…という部分は、カラフルな表や図を使って書かれているので、パッと目に入って視覚的に理解することができました。

そのほかにも、インターネットや携帯電話を使って学習できたり、飽きずに反復学習できるようなカリキュラムが組まれていたりと、合格するためのノウハウが満載でした。
私自身、このフォーサイトの講座を受講した年の試験では、それまでとは比べ物にならないほど自信を持って本番に臨むことができましたし、その結果として確実に合格することができたわけです。

もしあなたが、短期間で確実に行政書士の資格を得たいと思っているなら、フォーサイトの行政書士講座の受講を真っ先にオススメします!


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

私のおススメは、実績豊富な通信教育フォーサイト!

私が行政書士の資格取得を目指して勉強を始めた時、最初は行政書士試験の難易度について、良くわかっていませんでした。
それでも、最初に独学で受験してみて失敗したので、まず大手の専門学校を検討しました。
しかし、よく調べてみると、大手の専門学校でも、通勤しながら夜間と土日で必要なカリキュラムに参加するのはなかなか難しく、また夜間には昼間の授業のビデオが使われるケースもあるようで、それならば通信教育の方が安くて良いと考え、TVコマーシャルで有名な通信教育最大手の学校に入学しました。

結論的には、試験に失敗。途中で学習を挫折しかけた事が何度もありました。

行政書士事務所で働く若手の行政書士さんとたまたま知り合うまでは、自分の頭の悪さをずいぶんと呪っていたものです。
でも、私の使っている教材を確認し、勉強内容を聞いたその行政書士さんから言われたのは、「これは教材に無理がある」という一言でした。


通信教育は教材が全てです。
特に働きながら学習する社会人にとっては、通勤時間なども有効に使って、いかに無駄なく、出題可能性の高い範囲を効果的に学習するかが勝負です。
私が最初に入学した通信教育の教材は、出題範囲は網羅されていたのですが、そのボリュームが膨大でメリハリが少なく、勢い強引に頭から学習を続けていたのですが、どうしても自分の身にすることができませんでした。


その時、若手の行政書士さんから進められたのが、やはり通信教育専門の学校である【フォーサイト】でした。

その方の学んだ学校だったのですが、私にとって画期的だったのは、学習の仕方が丁寧にガイドされていたこと。
これがとてもわかりやすくありがたく感じられました。

そして、学習のポイントが絞り込まれている教材。
さらに言えば、大手の通信教育講座よりも受講料は安くすみました!

特に教材は出題実績をベースに学習内容の重要度が明確になっており、難解な法律用語にはページ内に解説がつくなど、とても理解しやすく使いやすいものでした。CDもセットされていたので満員の通勤電車の中でもよく聞きました。


youtubeにもサンプルがありました!




働きながら行政書士を目指そうとしている皆さん、一度失敗した私だからこそわかりますが、フォーサイトは、一番にお奨めできる通信教育会社です。
ぜひ、資料請求してみてください!


皆さんの検討を祈っています!


>>私が使った通信講座フォーサイト<<