タグ別アーカイブ: 行政書士の仕事

行政書士資格をお奨めする理由と、その仕事の魅力

■行政書士の魅力は守備範囲の広さ


行政書士の仕事の魅力とは何か?
もちろん、いろいろあります。でも、私が考える一番のポイントは、
『仕事の守備範囲が広い』こと。
行政書士が作成を担当する書類は1万種類を超えるとも言われています。

行政書士でなければできない仕事の種類がたくさんあるということは、『独立しやすい』ということを意味します。
もちろん、仕事の守備範囲が広いということは、簡単な仕事(安い仕事)も多いということでもありあますが。
私の場合は「大きくお金を儲けたい!」という気持ちはサラサラ無く、甘いと言われようとも誰かの役に立てる仕事かどうかという、いわゆる”やりがい”重視派です。
お金はそれほど儲からなくても、自分が世の中の誰かに必要とされ、担当できる仕事がたくさんあり、独立して、できるだけ長く仕事を続けていけるかどうかが重要でした(この目標は現在でも変わっていません)。


行政書士の仕事は、ごく簡単に言ってしまえば『役所などに提出する書類の作成業務』です。
この”役所などに提出する書類”の種類が幅広くあります。

大きく分けると以下の3種類に分けられます。

◆行政書士の業務内容
 1) 『官公署に提出する書類』の作成
 2) 『権利義務に関する書類』の作成
 3) 『事実の証明に関する書類』の作成


1)の『官公署に提出する書類』は、主に許認可申請に関する書類です。
飲食店などの営業許可証や会社の設立申請書類、車庫証明申請書類などなど。各省庁、都道府県庁、区役所などに提出するこれらさまざまな書類を作成します。

2)の『権利義務に関する書類』の代表例は、遺言や相続に関する書類の作成です。
その他公正証書の作成や、債権債務問題(借金問題)における必要書類の作成、時に交通事故などの際の示談書の作成も行います。

3)の『事実の証明に関する書類』とは、実地調査に基づく各種図面類や、定款、議事録、会計帳簿などがあります。

実際の仕事としては、それぞれの書類作成の前段階から、お客さまのご相談にのることが多いですね。
社会生活上どなたにも必要になる身近な問題が多く、実務経験の多さがそのまま実務能力の高さにつながっていくので、私のように細々とでも長く仕事を続けたい人間にピッタリです。


そして実は【行政書士】は、『大きく稼いでリッチになりたい!』という方にとっても好都合なことがあります。
それは、経営が安定すれば(仕事が安定的に確保できれば)補助者を多く雇って経営組織として大きくすることが比較的容易にできること。
事前の相談には実務知識や経験が必要ですが、書類の作成のみを考えれば、所定の書き方さえ理解すれば比較的手間の少ない種類のものも多いので、補助者を上手く活用し、組織として大きく成長させていく事ができます。


以上が【行政書士】の大まかな仕事内容と、私にとっての仕事の魅力です。資格取得について検討中の方、ぜひ参考になさってください。

行政書士としての就職とは

試験に合格したら、行政書士になれます。
では、行政書士としてどのように働いていくか、そこが問題になります。最初はキャリアもなく、ノウハウもなく、お客さんもいません。どうやってステップアップしていけばいいのでしょう。

まずは、行政書士の求人の現状について。

行政書士事務所が求人を出す場合2つのケースが考えられます。

1、仕事の案件が多く、即戦力の行政書士を求めている。
2、電話や来客の対応、書類の整理などの事務的な仕事。

まず1については、多くの顧客を抱える法人の事務所で、求人の数はそれほどありません。
あったとしても、ある程度の実績や経験が求められ、合格したばかりで簡単に就職することはできないはずです。
ですので、一般的に多いのは2のケースです。
つまり、行政書士法人の求人であっても、求められているのは行政書士有資格者ではないということです。

行政書士の仕事というのは、有資格者でなくてはできないというわけではありません。
有資格者の監督の下なら、資格がなくても有資格者と同じ仕事ができてしまいます。なので、事務所側とすれば安く雇えるパートさんを利用して、どんどん仕事をこなそうとします。

これで、もし行政書士を雇ってしまえば、人件費が高くなりますし、簡単に独立できる資格ですから、仕事のノウハウや顧客を盗まれる可能性もあります。
だから、事務所側とすればあまり有資格者を歓迎しないのです。

それに事務所に就職してしまえば、給料も低くなります。
金額は事務所によって異なりますが、普通の会社員と同等か、あるいはそれ以下の可能性もあります。

極端な例を上げれば、独立すれば毎月100万円もらえる仕事をしても、就職してしまえば20~30万にくらいになってしまいます。

このような背景がありますので、行政書士になった場合は独立した方が良いのです。
もちろん、ここで話した内容は、一般的なことですので、全ての行政書士事務所がそうだとは言いません。

しかし、行政書士の本質を考えれば、求人を探して就職するのではなく、
独立して仕事をするのに限ります。

現在は誰でも知っているように経済不況です。
そんな中で、独立してしまえばやっていけるのかと不安があることもわかります。
ですが、皆さんが想像している以上に行政書士になって成功している人は多く、沢山の年収を稼いでいます。
独立を最優先に考えるのが良いと私は考えています。

行政書士の普段のお仕事

行政書士の求人についての現状の次に、普段どのような仕事をしているか理解していきましょう。

行政書士の仕事というのは、簡単に言ってしまえば、書類の代筆です。
といってもただの書類ではなく、法律に基づいて作成する行政書類を取り扱うことになります。起業したい、許認可を取りたい、相続の手続きの仕方がわからないなど、法律に関わってくる書類です。

それらの書類は、自ら作成することができますが、面倒な手続きや複雑な作成方法があり、 素人で対応するのは困難です。

そこで行政書士が登場します。
一例を上げると、会社設立したい場合は、 定款作成や認証、登記申請書類の作成など、複雑な書類が多々あります。
それらの書類には作成方法のポイントがあり、手続きも煩雑です。
これは行政書士のような専門家でないとスムーズに行なうことができません。

このような法律的知識と判断が必要な行政書類を作成するのが行政書士の仕事です。
その取り扱える書類の数は、1万種類もあるといわれ、顧客は個人、法人を問いません。
つまり、行政書士の仕事の需要は、限りなくあるのです。

これが社会保険労務士なら、顧客は企業が対象となり需要が限られますし、弁護士のように敷居が高いイメージの仕事だと、よっぽどのことがないと普通の人は頼めません。

しかし、行政書士なら町の法律家として気軽に仕事を依頼しやすく、取り扱える書類も多いので、あらゆるところに仕事が転がっています。
だから、行政書士は稼ぎやすい資格でもありますし、独立して成功する方も多いのです。

また、現在のような社会が不安定な状況だと、それに合わせて様々な法律ができたり、改正されたりします。その度に新たな行政書類が生まれ、そこには行政書士の仕事ができるという事になります。
現に、10年前に比べて行政書士が取り扱える書類の数は倍くらいに増えています。
そして、これからも増え続けることでしょう。

行政書士事務所に就職したら

それでは、行政書士事務所に就職した場合を考えてみます。

事務所に就職すれば、仕事は基本的に事務作業です。書類作成のサポートや整理、電話や来客への対応がメインになるはずです。あくまでも補助者と言う位置づけですので、給料が少ないことは否めません。
事務所によっては、資格を持っていれば積極的に仕事をさせてくれるところもありますが、それでも給料は微々たる額でしょう。
これが、行政書士事務所に就職した場合の現実です。

ただ、働きながら勉強して資格を取得した場合や、資格を取得したが何をどうすればわからない方には、事務所に就職するのも一つの手です。特に、まだ資格を持っていない方は、事務所で働けば非常に勉強になります。
頭ではどういった仕事をするかわかっていても、実際にやってみると勝手が違うものです。もしかしたら、想像とは違っていて、行政書士を諦めるかもしれません。
それを資格取得前から体験できるので、安い給料でも自己投資と考えれば割り切れると思います。

また、行政書士事務所で働いた経験を持てば、仕事のノウハウがある程度わかっているので、独立開業する際にスムーズに実務をこなせます。
特に資格を取ったばかりの段階の方には、このようなメリットもあります。

しかし、最終的には独立開業を目指してほしいのです。
一生、雇われている方が良いと言うなら、行政書士は諦めて他の仕事を考えた方が良いと思います。

行政書士の仕事は、あくまでも独立開業して自分のペースで仕事をし、高い報酬を得られるのが最大のメリットです。
就職するなら、そこにたどりつくまでのステップとして考えるべきです。

もちろん全ての人が成功できるとは言いません。
廃業する行政書士もいますし、食べていくだけで精一杯と言う人もいます。

ですが、そうした状況は、独立してもしなくても可能性があるのです。

このご時勢で何かにしがみつかなければ生きられないという人に希望はないと思ってください。
どんな状況になっても一人で生きていける力が必要となるのです。

行政書士資格の魅力

行政書士とは、専門的な書類を作成する法律の専門家です。
その資格とは、書類を作成し、提出ことを代理で行うためのものです。

テレビドラマで取り上げられたころから人気に拍車がかかり、注目度は急上昇しました。
しかし何もドラマの影響だけで人気があるわけではありません。
行政書士の人気の秘密を語る上で欠かせないのが、仕事と試験への取り組みやすさです。誰でも努力すれば資格は取れますし、仕事もすることができます。その点が魅力でもあります。

現在のような不景気な時代ですと外部の影響に左右され、中々自分にあった仕事を見つける事は困難です。
それに比べ、行政書士の資格は、業務範囲が広い中から自分の専門分野を見つけ、自由に自分ペースで働く事ができ、なおかつ高収入を得ることができます。

さらにもう一つ欠かせないのが試験の取り組みやすさです。
行政書士は、司法書士や弁護士のような士業の登竜門的な位置づけで、難易度の高い士業の中では、比較的合格しやすい資格でもあります。
他の士業なら、3、4年は当たり前に勉強しなくてはいけませんが、行政書士なら1年で合格できる可能性も低くありません。

このような要因が、行政書士の人気を支えている秘密でしょう。

しかしながらこれらの事は、あくまでも表面的なことで、実際に行政書士の資格を取得したいと考えれば、もっと深く掘り下げなければいけません。
試験のこと、難易度のこと、勉強のこと、教材のこと、仕事のことなど
行政書士の資格には多くの要素が詰まっております。


資格と仕事の魅力とポイントはどのようなところにあるのでしょう。

仕事としての魅力とは

行政書士の仕事は、行政書類を通じて顧客(個人・企業)と役所を繋ぐパイプ役です。
一般的には、町の法律家や代筆屋とも言われています。

具体的な仕事内容を一つ上げれば、
顧客が居酒屋を出店したいとします。その場合、役所に行って申請書提出し許可を貰わなくてはいけません。その申請書類を書いて、顧客に代わり代理提出するのが行政書士の仕事です。
他にも会社設立や自動車登録、建設業許可申請など取り扱える種類は、10年ほど前は7,000種類だったのが、今では10,000を超えると言われています。

その背景にあるのが、新しい分野の誕生です。たとえばインターネットのように、新たな分野が広がると、それに伴った様々な法律が制定されます。すると、必然的に書類の数も増えていきます。
さらに現在のような不確定の時代では、その傾向が今後も続くはずですから、書類の数は年を追う事に増えていくと予想されます。
つまり、行政書士のとしての需要が増えていくとも言えるのです。

だからと言って行政書士になれば一生安泰というわけにはいきません。
需要が増えれば、その分行政書士の数も増え、自然と淘汰される人も出てきます。
あくまでも需要があるだけで、本人の努力なしでは、行政書士を一生の仕事としてやっていくのは不可能です。

良くあるパターンが、行政書士になれば仕事が自然と舞い込んでくるだろう、と錯覚してしまうことです。
しかしそうではありません。

行政書士の資格を持っているという事は、看板を立てられる権利を得ているだけで、仕事の依頼が来るわけではないのです。
そこのところを理解しなくては、せっかく行政書士の資格を取得して仕事をはじめても生活していくだけのお金を稼げなくなります。

ですが、それは行政書士に限った事ではなく、どの資格、仕事にも言えることです。
このご時世で努力なしに楽しく仕事ができる、都合の良いものはありません。

試験に合格する事も大変ですが、その後のほうがもっと大変です。
魅力ある反面、その分闇もあることを忘れないで下さい。

就職、転職、独立

行政書士に多少詳しい方なら、行政書士は就職にあまり役に立たないと言う方が多いと思います。
確かに行政書士の資格の特性を考えれば、あまり就職と言う選択は取らないのが普通です。
それに一般的に、それほど求人数が多くないのが実情です。

しかし、求人数が少ない一方で、合格できる確立の高さと意味では他の仕事に引けを取りません。
例えば、簿記の資格を持っていたとしても経理の経験がなければ採用にいたりませんし、調理師の免許を持っていたとしても料理の経験がなければ採用してくれません。

それに比べ、行政書士のような士業は経験云々ではなく、資格そのものにネームバリューがあります。
これが他の資格と違いです。
資格といえどもその業界や仕事の専門的知識を持っているだけで、最終的な価値は、経験や実績になってきます。ですが、行政書士の場合は、資格を持っているか、もっていないかの判断になるので、それだけで価値があるのです。

と言うことは、例え求人が少なかったとしても採用の確立は高くなり、就職しやすいメリットもあります。
また、求人数は少ないと言っても、それは大手の求人サイトに掲載していないだけで、各事務所のサイトでは募集していることが多いのです。

が、しかし私の本音を言わせて頂ければ、行政書士のメリットを最大限活かすなら、就職と言う選択よりも独立という選択をするほうが、将来への可能性は広がります。

現在は不況の影響で多くの方は安定を求めます。
独立するよりも毎月安定した給料を貰い、そして計画的な生活をしていきたいと考えるのです。それは悪いとは言いませんし、そういう選択もありだと思います。
ですが、それならわざわざ苦労して行政書士の資格を取らなくても、他の方法があるような気がします。
行政書士の資格を取得して、何処かの法律事務所に入ったとしても、給料は通常のサラリーマンと同等か、もしかしたらそれ以下の可能性だってあります。もちろん就職すれば顧客も予めいて、仕事の仕組みも出来上がっているので、独立した場合の苦労はありません。

しかし、今の時代を生き抜いていくには、その苦労した先に多くの可能性が広がってくるのではないでしょうか?
私も独立したばかりの頃は色々大変でしたが、それを乗り越え、今の収入は他のサラリーマンよりも高く、仕事と生活も安定しているので精神的ストレスもほとんどありません。

まあ、人それぞれ価値観が違いますから難しい問題ですが、一つだけいえる事は行政書士になって就職することは出来るが、就職しないで独立するほうが、資格のメリットを活かせるということです。

行政書士に就職しないで独立した場合

行政書士は就職するよりも独立したほうがメリットは高いと言いました。
その理由の一つが、行政書士になれば誰でも簡単に独立開業でき、資金的なリスクが ほとんどないからです。

通常の仕事で独立した場合、人件費や賃料、販促費など高額な資金が必要になります。
そこで、失敗すれば多くの借金を抱えなくてはならなくなります。
そのような状況で独立するには相当の覚悟が必要となり、簡単に決断できるものではありません。

一方行政書士は、登録すれば自分の看板を立ち上げられるので、開業資金は、ほとんど必要ありません。
事務所も自宅を使えば良いですし、人を雇わなくても仕事が出来ます。
その他の経費らしい経費もほとんどかかりません。あえて言うとすれば、開業当初で顧客が少ないときの生活費くらいです。これが行政書士のような士業の特徴なのです。

もちろんだからと言って、安定的な収入を確保できる保証はありません。
収入がほとんどなくて苦労している人もいますし、廃業する人だっています。
しかし、そこを乗り越えられれば沢山の収入が手に入り、仕事も自分のペースで できるので、精神的ストレスがなく、充実した生活を送ることが可能になります。
現にそういう行政書士は沢山います。ただ、あまり表に出てこないので、一般的に知られていませんが、皆さんが思っている以上に多いと思います。

私の知り合いの行政書士でも、生活に困っているという人はほとんどいません。
どんなに悪くても最低限生活していけるだけの収入は稼いでいますし、むしろ、どうやったら2千万、3千万稼げるか考えているくらいです。
まあ、私の周りの人がたまたまそういう人達が多いということがありますが、このサイトを見ているあなたも、その可能性は大いにあるのです。

もちろんそのためには努力も必要ですし、人よりも頑張らなければいけません。
というよりもこのご時勢でも普通に暮らしていくにも、努力が必要なのです。
普通に仕事をして普通に暮らして生きたいと思っていれば、その人に明日はないと思います。そういう時代です。
とにかく行政書士という資格は独立してこそ、その価値を活かせるのです。

行政書士の将来性

現在は時代の変化が早く、日本の様々な構造も常に変化してきています。
そのため、これからどうなるかは予測しづらい上、不安な要素が沢山あるはずです。
特に仕事に関しては、この不景気の影響で先がみえづらくなっています。

しかし、行政書士に関して言えば仕事がなくなる可能性は少なく、もしろ、これから需要が増える可能性だって大いにあります。
なぜなら、行政書士は法律の仕事で、新しい法律が出来るたびに許認可が増えるからです。
現に10年前まで取り扱える書類の数が7000種類でしたが、今では1万を越えるまでになりました。
つまり年を経ていくごとに仕事の数が増え、時代の変化に伴い新たな仕事が生まれていると言うことです。

ここで一例を上げれば、インターネットの発達により、社会が変化し、人の価値観も変わってきて、そのことによる訴訟などのトラブルが増えはじめてきました。
その一方で皆さんもご存知の通り、トラブルを解決するための弁護士の数は、日本は圧倒的に少なく、全てに対応できなくなっています。

現在は、新司法試験ができて、弁護士の数を増やそうとしていますが、それでも数は足りません。
行政書士はそうした訴訟に関するトラブルを解決することは出来ませんが、未然に防ぐことは出来ます。
それに弁護士だとハードルが高いイメージがあり、中々依頼しにくいことも行政書士なら、気軽に相談することも出来ます。
そこで、行政書士で未然に防げることならそれで良いですし、駄目なら弁護士を紹介して、そこで解決することが出来ます。

行政書士というのは、当然のことながら弁護士に比べて業務範囲が限られますが、行政書士にでも解決できることが沢山あるはずです。

このように行政書士というのは将来性という意味では十分期待が持てます。
それよりも将来性のある分野の仕事をいかに見つけられるかがポイントとなってくるはずです。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は、一言でいうと「代筆屋」でしょうか。

そのわけは…行政書士の主な仕事が、

  • 官公署などの行政機関に提出する書類作成と、提出の代行
  • 権利業務に関する書類の作成と、その代理
だからです。
さらに、多少限定はされますが法律問題のアドバイスもします。

具体的には…

■官公署に提出する書類関係
  • 建設業許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 会社設立申請
  • 医療法人設立
  • 永住許可申請
  • 在留期間更新許可申請
などなど。

■権利業務に関する書類関係
  • 遺言書作成
  • 契約書
  • 公正証書
  • 債権等の和解書
  • 交通事故等の示談書
などなど。


上記の業務はほんの一例で、行政書士が扱う書類の数はなんと1万種以上にもおよびます。
遺言書や契約書等の作成といった個人的な依頼から、会社設立や建設業許可申請などの法人の依頼までを行う書類のスペシャリストなのです。