タグ別アーカイブ: 行政書士の年収

行政書士としての就職とは

試験に合格したら、行政書士になれます。
では、行政書士としてどのように働いていくか、そこが問題になります。最初はキャリアもなく、ノウハウもなく、お客さんもいません。どうやってステップアップしていけばいいのでしょう。

まずは、行政書士の求人の現状について。

行政書士事務所が求人を出す場合2つのケースが考えられます。

1、仕事の案件が多く、即戦力の行政書士を求めている。
2、電話や来客の対応、書類の整理などの事務的な仕事。

まず1については、多くの顧客を抱える法人の事務所で、求人の数はそれほどありません。
あったとしても、ある程度の実績や経験が求められ、合格したばかりで簡単に就職することはできないはずです。
ですので、一般的に多いのは2のケースです。
つまり、行政書士法人の求人であっても、求められているのは行政書士有資格者ではないということです。

行政書士の仕事というのは、有資格者でなくてはできないというわけではありません。
有資格者の監督の下なら、資格がなくても有資格者と同じ仕事ができてしまいます。なので、事務所側とすれば安く雇えるパートさんを利用して、どんどん仕事をこなそうとします。

これで、もし行政書士を雇ってしまえば、人件費が高くなりますし、簡単に独立できる資格ですから、仕事のノウハウや顧客を盗まれる可能性もあります。
だから、事務所側とすればあまり有資格者を歓迎しないのです。

それに事務所に就職してしまえば、給料も低くなります。
金額は事務所によって異なりますが、普通の会社員と同等か、あるいはそれ以下の可能性もあります。

極端な例を上げれば、独立すれば毎月100万円もらえる仕事をしても、就職してしまえば20~30万にくらいになってしまいます。

このような背景がありますので、行政書士になった場合は独立した方が良いのです。
もちろん、ここで話した内容は、一般的なことですので、全ての行政書士事務所がそうだとは言いません。

しかし、行政書士の本質を考えれば、求人を探して就職するのではなく、
独立して仕事をするのに限ります。

現在は誰でも知っているように経済不況です。
そんな中で、独立してしまえばやっていけるのかと不安があることもわかります。
ですが、皆さんが想像している以上に行政書士になって成功している人は多く、沢山の年収を稼いでいます。
独立を最優先に考えるのが良いと私は考えています。

開業のリスクは?

行政書士は独立開業型の資格です。
よって、最終的には独立することを目指すべきだと思います。

ただ、多くの人は、独立するとリスクが大きくなると考え、躊躇してしまいます。
確かに現在のような不景気な世の中ですと独立がリスクになると思います。
ですが、リスクと言うのは何も独立だけに言えることではありません。
このまま会社に残り続けてもリスクはあります。

会社員でいるという事は、会社や上司に自分の収入や家族、生活を託すということです。
極端なことを言ってしまえば、会社や上司のさじ加減で、あなたの運命が変わってしまうのです。それは計り知れないリスクになります。
だったら独立開業して、自分自身の力で切り開いていく方が、将来に希望が持てます。

それに独立した場合のリスクは、皆さん悪い方向に考えがちですが、いい方向に向くこともあります。
「年収2000万~3000万円稼げるようになった」
「自由になる時間が増え、家族サービスや趣味の時間が増えた」

など、現実に成功している人はいます。
しかも、その数は決して少なくありません。私も、自分で自分の働き方をコントロールできるようになりました。それが一番の成功だと考えています。

また、行政書士の場合は、初期投資がほとんどかからないので、金銭的なリスクはほとんどないと思います。
事務所は自宅を使えば良いですし、はじめは人を雇う必要もありません。
パソコンやプリンターは家庭にあるもので十分です。 かかるとすれば名刺代くらいです。

これが他の仕事なら、最低でも数百万円くらいのお金を用意して、事務所やお店の賃料、人件費、設備投資などが必要になります。
行政書士にはそれはありません。
だから、行政書士は、誰にでも平等にチャンスが与えられる仕事なのです。

行政書士の成功者と言うのはあまり表に出てこないので、厳しい仕事だと勘違いしている人が多いのですが、実際は皆さんの想像以上にいるのです。
もちろん、その逆も然りです。ですが、あなたの工夫次第で、成功の可能性が行政書士という資格にはあります。

このサイトを見てくれている方は、行政書士の求人を探していると思うので、 現状に満足していないはずです。

今のまま、月収20~30万円でずっとこき使われるくらいなら、 独立開業してみるという道も、人生の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士事務所に就職したら

それでは、行政書士事務所に就職した場合を考えてみます。

事務所に就職すれば、仕事は基本的に事務作業です。書類作成のサポートや整理、電話や来客への対応がメインになるはずです。あくまでも補助者と言う位置づけですので、給料が少ないことは否めません。
事務所によっては、資格を持っていれば積極的に仕事をさせてくれるところもありますが、それでも給料は微々たる額でしょう。
これが、行政書士事務所に就職した場合の現実です。

ただ、働きながら勉強して資格を取得した場合や、資格を取得したが何をどうすればわからない方には、事務所に就職するのも一つの手です。特に、まだ資格を持っていない方は、事務所で働けば非常に勉強になります。
頭ではどういった仕事をするかわかっていても、実際にやってみると勝手が違うものです。もしかしたら、想像とは違っていて、行政書士を諦めるかもしれません。
それを資格取得前から体験できるので、安い給料でも自己投資と考えれば割り切れると思います。

また、行政書士事務所で働いた経験を持てば、仕事のノウハウがある程度わかっているので、独立開業する際にスムーズに実務をこなせます。
特に資格を取ったばかりの段階の方には、このようなメリットもあります。

しかし、最終的には独立開業を目指してほしいのです。
一生、雇われている方が良いと言うなら、行政書士は諦めて他の仕事を考えた方が良いと思います。

行政書士の仕事は、あくまでも独立開業して自分のペースで仕事をし、高い報酬を得られるのが最大のメリットです。
就職するなら、そこにたどりつくまでのステップとして考えるべきです。

もちろん全ての人が成功できるとは言いません。
廃業する行政書士もいますし、食べていくだけで精一杯と言う人もいます。

ですが、そうした状況は、独立してもしなくても可能性があるのです。

このご時勢で何かにしがみつかなければ生きられないという人に希望はないと思ってください。
どんな状況になっても一人で生きていける力が必要となるのです。

行政書士の平均年収は?

行政書士の説明をする場合、一番困るのは平均年収です。
なぜなら、国が正式に調査したことがなく、インターネット上にあるのは、各メディアが独自に行っているものなので、正確性に欠けてしまいます。 仮にそうしたデータが正確だった場合、平均してみると、400万円~600万円くらいで落ち着きます。私の感覚でもそのくらいだと感じています。

ですが、これだけは覚えていてほしいのですが、平均年収くらい稼げるのだろうと思わないことです。
皆さんもご存知の通り、平均と言うのは全体の数を、働いている人の数で割ったもので、実際は上下の開きがかなり出るはずです。

例えば、行政書士の市場規模が100億だったとします。
で、その中の内訳を見てみると、上位2割の人が80億稼いでいて、
残りの8割の人で20億を稼いでいるという感じです。
まあ市場規模は適当な数字ですが、内訳はこのような感じになると思います。

これはパレートの法則といって、行政書士だけに限らず、どの業界でも不思議と2対8の法則に収まるようになっているのです。つまり、全体の8割の人は平均年収に満たないという事です。
これを聞いて、がっくり来る方もいると思いますが、どの業界でも成功者は2割程度になりますので、仕方のないことです。

しかし、行政書士の場合は皆が皆、専業でやっているとは限りません。
副業の人もいれば、税理士や司法書士などの資格と兼業している人もいます。
中には、ほとんど行政書士として仕事をしていない人もいます。

そうした人も多いので、平均年収を下げてしまっていますが、本業のみの人だけの平均年収を調査することができるのなら、金額はもっと高くなると思います。

実際に、年収が1000万円以上の人はザラですし、2000万~3000万円くらいの人もかなりいます。
インターネットには、行政書士は稼げない、という意見も多いと思いますが、稼いでいる人たちは表に出てこないので、あまり一般には知られていないのです。

行政書士になって思いっきり稼ぎたいと思う人がいれば、ぜひ挑戦してみて下さい。
戦略を立てて、しっかりと事務所を運営できれば、誰にでもチャンスがあるはずです。
行政書士とは、そういった仕事です。

開業して食べていけるか

根本的なことを突き詰めていけば、行政書士になり独立開業して、食べていけるかということだと思います。
ですが、これに対しては答えようがありません。なぜなら、食べていけるか、いけないかは、開業者自身の努力次第だからです。
ただ、一つだけいえるのは、行政書士も他の仕事と同様、ビジネスだという事です。

これは、行政書士に限らず、弁護士でも税理士でも言えることですが、資格を取得さえすれば、勝手に顧客が集まってくるものだと思っている方がいます。
が、そのようなことは絶対ありえません。

資格があろうともビジネスには変わりないので、しっかりと顧客を集めて、魅力的なサービスを提供していかなければ、食べていくことはできないのです。
あくまでも資格を取得したというのは、その仕事をやっても良い権利を得たに過ぎません。その後については、ビジネス的なセンスが要求されてくるのです。
ここの意識の差が行政書士として、やっていいけるか、いけないかの分かれ道になります。

では、どのようにすれば行政書士として食べていけるか、もしくは稼げる行政書士になるのでしょうか? 現在稼いでいる行政書士というのは以下の2点を強く意識しているそうです。

  • インターネットを利用して、顧客を集める
  • 独自の専門分野で勝負している

まず、どんなビジネスにも必要になってくるのは集客です。
どれだけ集客できるかで、あなたが成功できるかできないか決まってくるといっても過言ではありません。
ただし、集客と言うのはお金がかかります。従来のようなチラシなどの紙メディアを使って集客していたのでは、お金や時間がかかり、決して効率的とはいえません。
特に開業したてのころは、そんな余裕はないはずです。

そこで、多くの人はインターネットを使って、ホームページを作り顧客を集めているのです。インターネットなら、低予算で集客できますし、短期間で大勢の人に宣伝することができます。
成功している方は、このインターネットをうまく使っています。

ですが、現在では競合が多くなり、インターネットマーケティングの勉強をしなくては、集客が出来なくなってきます。
少なくとも、ホームページを作っただけで顧客が集まると思っているようでは、今のインターネットは使いこなせません。お金を使えなければ、頭を使わなければいけないと覚えておいて下さい。

次は、自分の得意分野を絞り、仕事をすることです。
行政書士というのは、1万種類以上の書類を取り扱えますので、仕事の幅が広くなります。よって、全ての仕事を網羅することは不可能ですし、あれもこれもできるとなってしまえば、何ができるのか顧客に伝わらなくなります。
ですので、自分の専門を作り、その分野を中心に仕事をこなすことが、稼げる行政書士になる秘訣なのです。

そこで、重要なのはどの分野を選ぶかという事です。
選ぶ分野を間違ってしまえば、成功どころか、食べていくこともままならなくなります。

例えば、建設関係の許可の仕事だと、競合が多い上、業界自体も停滞しています。
そんな中だと仕事もなく、仮にあったとしても価格競争になってしまい 最終的には廃業に追い込まれてしまいます。

大事なのは、ある程度の需要があり、競合が少ない分野です。
その分野を見つけるためには、普段から、インターネットや新聞、雑誌などで、常に情報収集することです。
ぜひ、稼げる行政書士を目指して下さい。


>>私が合格した学習方法<<

収入の魅力

良く行政書士の年収を聞かれる事があります。でも、正確な実態はわからないというべきです。
というのも、行政書士の年収をきちんと形で調べている機関がない上、聞いてもみんなそれほど正直には答えてくれないからです。

それに年収は、働き方や地域によっても左右されてきますので、一概にいくらということも言えません。
例えば、東京都と北海道のような、その地域の経済格差や産業構造によっても異なりますし、個人事務所と法人事務所によっても変わってきます。
さらに、行政書士の報酬は自由に決められるので、これといった年収を発表する事は難しいのです。

しかし一つだけいえる事は、稼げる可能性が高いという事です。
実際に1~2千万円稼げている人も多く、私の聞いたところでは、億近く稼いでいる人もいると聞いたことがあります。
ただし、全ての人が稼げているわけでは決してありません。
300万円台の人もいるでしょうし、500万円台の人もいます。
やはり行政書士は独立開業型の資格で、個人の努力や能力によって差が出るのは仕方ありません。

しかし、私には稼げる能力はないから無理だと諦める事はだけはやめて下さい。
実際に社会人経験がない主婦でも稼いでいる人はいますし、今まで高収入に全く縁がなかった人でも稼いでいる人はいます。
稼げている人には稼げている理由があるのです。

その一番の理由は、まだ他の行政書士が手をつけていない分野の専門家として仕事をしているからです。

行政書士は、1万種類以上の書類を取り扱える事が出来るという事は、その数だけ仕事の数があるという事です。
そこには、何処の行政書士も手をつけていない金脈が必ずあります。それを見つけられるかどうかが、稼げる行政書士と稼げない行政書士の差になるのです。

しかし、ほとんどの行政書士は、会社設立だとか、自動車登録業務だとか、内容証明作成のような、競争率が激しいありきたりな仕事を取り扱い、価格競争に巻き込まれ中々稼ぐことが出来ていません。

要するに行政書士も他の職業同様、商売だという事です。
出来るだけ競合が少ない、地域や分野で勝負をして、先駆者利益を得る、これに限ります。
そうすれば、誰にでもチャンスはめぐり、会社員生活では考えられない収入を得る事も夢ではありません。

行政書士に就職しないで独立した場合

行政書士は就職するよりも独立したほうがメリットは高いと言いました。
その理由の一つが、行政書士になれば誰でも簡単に独立開業でき、資金的なリスクが ほとんどないからです。

通常の仕事で独立した場合、人件費や賃料、販促費など高額な資金が必要になります。
そこで、失敗すれば多くの借金を抱えなくてはならなくなります。
そのような状況で独立するには相当の覚悟が必要となり、簡単に決断できるものではありません。

一方行政書士は、登録すれば自分の看板を立ち上げられるので、開業資金は、ほとんど必要ありません。
事務所も自宅を使えば良いですし、人を雇わなくても仕事が出来ます。
その他の経費らしい経費もほとんどかかりません。あえて言うとすれば、開業当初で顧客が少ないときの生活費くらいです。これが行政書士のような士業の特徴なのです。

もちろんだからと言って、安定的な収入を確保できる保証はありません。
収入がほとんどなくて苦労している人もいますし、廃業する人だっています。
しかし、そこを乗り越えられれば沢山の収入が手に入り、仕事も自分のペースで できるので、精神的ストレスがなく、充実した生活を送ることが可能になります。
現にそういう行政書士は沢山います。ただ、あまり表に出てこないので、一般的に知られていませんが、皆さんが思っている以上に多いと思います。

私の知り合いの行政書士でも、生活に困っているという人はほとんどいません。
どんなに悪くても最低限生活していけるだけの収入は稼いでいますし、むしろ、どうやったら2千万、3千万稼げるか考えているくらいです。
まあ、私の周りの人がたまたまそういう人達が多いということがありますが、このサイトを見ているあなたも、その可能性は大いにあるのです。

もちろんそのためには努力も必要ですし、人よりも頑張らなければいけません。
というよりもこのご時勢でも普通に暮らしていくにも、努力が必要なのです。
普通に仕事をして普通に暮らして生きたいと思っていれば、その人に明日はないと思います。そういう時代です。
とにかく行政書士という資格は独立してこそ、その価値を活かせるのです。

独立開業して、生活していくだけの収入を稼げるのか?

もし、皆さんが独立開業したとして、一番知りたいことは、生活してけるか、いけないかだと思います。

その答えは非常に難しいのですが、あえて言うとすれば、
あなたの努力次第で十分生活していけるだけの収入を稼ぐことは出来ます。

それは、行政書士に限らず、ラーメン屋さんでも近所の喫茶店でもシステム屋でも、どの仕事にも言えることです。
行政書士にどんなにネームバリューがあっても本人の努力なしに生活していけるだけの収入を稼ぐことは不可能です。

ここで言う私の努力とは、寝ないで一生懸命仕事をすることではありません。
稼ぐための方法を考え、勉強し、そして実行することです。

どういうことかと言うと、行政書士といっても結局は商売なので、そこには競合がいますし、世の中の状況によっても変化します。
例えば、あなたがこれから印刷屋さんをはじめたとしても、電子書籍に流れが傾いていて、しかも大手企業がシュアを取っていますから、そこから成功して大金持ちになることはほぼ不可能です。

行政書士だって同じことが言えます。
競合が多い分野に人脈やノウハウもないあなたが戦って勝てるはずがありません。食べていけるだけの収入を稼ぐことも出来ないはずです。
つまり、今世の中の需要が高そうな分野を考えて、その分野をしっかりと勉強し、そして行政書士としてどういった仕事ができるか考えなければいけません。

それが行政書士として生活していくための努力と言うことです。

ちょっと面倒なように感じられるかもしれませんが、これは何も独立開業だけにいえる事ではありません。就職の際にも言えることです。
例えば、現在就職難で、仕事はあまりありません。 そんな状況で、資格も経験もない方が、正社員として採用してくださいと言ってもまず無理です。
採用されるためには、今企業がどういった人材を求めていて、企業がほしいと思える人材になるためには今自分が何をすれば良いのか、しっかりと考え勉強しなくてはいけません。
でも、就職できないと言っている人はそこを考えていないのです。

そこを理解できていれば、間違いなくあなたは行政書士として生活していけるだけの収入を稼ぐことが出来ますし、それどころか、通常では考えられないくらいの収入を稼ぐことだって出来ます。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士成功のポイントは専門分野を見つけられるか

行政書士になり稼ぐことが成功だとすれば、その方法は稼ぐ努力をすることだと説明致しました。

それでは具体的にどうすれば良いのでしょうか。

ここまで読んでくれたら、行政書士の取り扱える書類の数は1万を越えると知っているはずです。
ですが、実際に1万もの書類を取り扱うことは出来ませんし、仮に取り扱えたとしても顧客に何ができるのか伝わりにくく、逆に仕事の依頼が来なくなります。

そこで成功するポイントとなるのが、専門分野を絞ってその仕事のスペシャリストとなることです。
そうすれば、●●と言う仕事ならこの行政書士と認識してもらえ、顧客からの信頼を得ることが出来ます。
稼いでいる行政書士というのはこの方法を取っているのです。

但し、専門分野絞るといっても、何でも良いわけではありません。
世の中のニーズを読み取り、そこから仕事の活路を見出していくのです。

例えば、今のようにインターネットが発達すれば、取引間でお金などのトラブルがしばしば起こりますし、不況になれば不法行為が増え損害賠償の請求も増えるかもしれません。
そうした中だと、内容証明の依頼が増えるので、そこの仕事に特化することが出来ます。

また、一昔前だと規制緩和の影響で会社法が改正され、会社設立のハードルが下り、多くの人が起業いたしましたので、その分野も需要が増えました。
もちろんこれはあくまでも一例ですが、このようにニーズを捉え、需要がある分野をいち早く見つけ、その仕事に特化すれば、大きな利益を生むことが十分可能になります。

その他にも成功するポイントとして、誰も手をつけていない分野を見つけて、そこに特化するのも一つの方法です。
1万種類も種類が作成できるのですから、中には他の行政書士が手をつけていない分野があるはずです。
もちろんあまり需要がない分野だといけませんが、そこそこの需要でも競合がいなければ十分に利益を上げることが出来ます。

ただし、そのためには常に世の中にアンテナをはって、稼ぐ努力をしなければいけません。
何も努力せずに向こうから仕事の依頼が来ることはないと思ってください。

行政書士の看板があれば、年収は右肩上がりに!?

行政書士は稼げるのか、よく聞かれる質問です。
開業を含め、行政書士を目指している人には大きな疑問になりますよね。

しかし、稼げる仕事かどうかは、資格を取ったあとの本人しだいです。
行政書士は独立開業型の資格と言われていますが、安定した収入を確保し、さらに事業拡張を目指すならば、営業努力が何よりも大事です。
難関を突破したとは言え、条件はみな同じです。
「行政と生活者のパイプ役」「10,000点以上の書類を取り扱える」のは事実で、幅広い業務が待っています。
が、年収アップのためには、顧客の新規開拓に努めなればならないのです。

これは、いわゆる「士業」に共通するもの。
行政書士の看板を掲げただけで依頼者が集まってくるものではありません。

気になる行政書士の年収はというと…
各々の状況により、同じ資格を持っていてもバラバラです。

平均としては4~500万円ぐらいだと言われています。でもこれは、あくまで平均値。
300万円以下の人もいますし、稼いでいる人なら1,000万円以上の年収という話もよく耳にすること。おそらく仕事の進め方や営業法など、何かコツがあるのでしょう。
残念ながら、私自身は「年収」をテーマにし、その核心を語るキャリアは持ち合わせていません。

取り扱う書類の多さはご存知の通りですが、報酬についてもある程度裁量が任されているのが行政書士の仕事。
手の掛からない仕事(=単価が低い)を数多くこなすやり方もあれば、
時間と手間が掛かる仕事(=単価が高い)にじっくり取り組む方法もあります。
さらに、キャリアを積んでコンサルティングを請け負うようになれば、ステップアップは間違いありません。

そのためにも、「早めに専門分野を見つけること」というアドバイスを受けました。
強い分野があれば口コミで広がり、紹介を受けて人脈が広がって行くからです。

「行政書士」で独立開業を果たせば一国一城の主。
頑張れば頑張っただけ、自分への評価が高まり、年収アップにつながる。
これこそ、資格取得を目指す一番のモチベーションです。

合格までの道のりは平坦ではありませんが、最後まで決して諦めないでください。


>>私が合格した学習方法<<