タグ別アーカイブ: 試験内容

合格率と難易度は比例するのか?

■そもそも楽に合格する国家資格などあるのか?


国家資格取得のためには、専門的な勉強が必要です。
マンガやTVドラマをキッカケにして、行政書士の仕事に興味を持った方、案外多いと思います。私も以前、テレビで『特上カバチ!』が放映されている間は、妻の経営する美容院のお客さまや知人から、仕事内容や稼ぎについて質問されることが多くなりました。
そして、大まかにご説明すると『それならオレもやってみようかな?』という方が必ずいらっしゃいますが、試験についてお話するとほとんどの方が『それは難しそう』となります。

このページを読んでくださっている方の中にも、
『行政書士の国家試験に合格するのってどのくらい難しいの?』
という素朴な疑問をお持ちの方は多いと思います。

インターネット上には、さまざまな情報がありますが、【行政書士】の【難易度】について説明しているサイトの多くは、合格率をベースにして、難易度を語っているようです。


◆人気の独立系資格の合格率

資格名 合格率 合格者数 受験者数
司法書士 3.5% 794名 22,494名
社会保険労務士 5.4% 2,666名 49,292名
行政書士 10.1% 5,597名 55,436名

でも、ここで私はあえて申し上げたいのです。合格率は、ほとんど参考にならないと。


その理由は、受験者の質です。基本的にどの資格についても、全くの勘違いで受験している方、全くの独学で勉強している方など、さまざまな受験生がいるので、合格率だけで単純に難易度を比較するのは無理があると思います。


確かに独立系と言われる【司法書士】【社会保険労務士】【行政書士】などの国家資格は難易度が高いと言われています。

◆難易度のイメージ(上位ほど難しい)
■司法試験

■司法書士・公認会計士

■社会保険労務士・行政書士

■ファイナンシャルプランナー


もちろん出題範囲は広いですし、試験は難しいのですが、既定の点数だけとれば合格者数がどれだけ多くても合格できるわけなので、大学受験のようないわゆる”倍率”は関係ありません。

つまりは、きちんとした”受験知識”、そして”計画的な学習”さえ行えば、普通の知力の多くの人が合格できるはずなのです。

合格率を知って怖じけずくことも、あきらめる必要もありません。
そもそも、難易度の比較から受験する資格を検討するのがナンセンス。

国家資格の取得と、その資格をベースにした独立開業を目指すのであれば、まずはそれぞれの資格の仕事内容を知り、自分の興味から取得を目指す資格を決定し、その資格に合格するための専門的な勉強を行えば、遅くても数年の後には目標は達成できるはずです。


>>私はこうして行政書士に合格しました<<

行政書士の合格率とその秘密

行政書士の合格率についても少し追加して説明したいと思います。

下記は過去の合格率のデータです。

平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
受験者 67,348 70,586 66,297 59,948 55,436
合格者数 6,095 4,662 5,337 5,508 5,597
合格率 9.05% 6.60% 8.05% 9.19% 10.10%
 

行政書士は、士業の登竜門的な試験と位置づけされていますが、それにしても合格率は低く、25年度には久しぶりに10%を超えましたが、ほぼ毎年1桁台、平均だと約7%です。
やはり法律家としての社会的責任のある立場になることから、簡単に合格できる試験でないことがわかります。

しかし一方で、受験者のレベルが高いかといわれればそうではありません。
行政書士は、受験資格がありません。だれでも受けられるのです。
そのため多くの人達が、とりあえず受けてみようか、人気がある資格だから合格できればラッキー、くらいの軽い気持ちで試験に臨んでいます。

要するに、学習量が圧倒的に少ない受験者が多いという事です。
そのことが合格率を下げる要因になっているのです。

また、行政書士試験の合否は、試験で合格点を取れさえすれば、周り受験者がどうだろうと合格できます。
ですから、行政書士試験において、合格率の低さはそれほど気にする必要のない事です。合格ラインさえ意識していればいいのです。

むしろ気にしなければならないのが勉強時間です。

先程、説明したように行政書士の受験者は、学習量が少ない人が多いようです。
ということは、学習量を増やせば、合格できるともいえます。
もちろん、ただ単に勉強時間が多いだけでは、合格することはできません。
勉強の密度も重要になってきます。それでも合格するための第一関門は、勉強時間です。
それをクリアーできるか、出来ないかで、あなたの合格率に影響してきます。

まずは良い通信講座を見つけて、学習計画を立て、それに沿って勉強できるように心がけて下さい。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

行政書士の勉強は、まず行政法から、そして民法へ!

行政書士で需要な科目トップ3は、行政法、民法、一般知識です。
もちろん、その他の科目も決して捨ててはいけませんが、その中でも行政法は最も力入れるべき科目になります。

行政法は、実務でよく使われる知識が多いので、出題者側も重要視して、試験でも一番配点が多い科目になっています。
ですから、たっぷりと勉強時間を使い、得意科目となるくらいまで学習をして下さい。


それではここで、簡単に攻略法を解説しましょう。
行政法を勉強していく上で、中心となるのが行政救済法、行政手続法、情報公開法になります。
詳しい各法の内容はここでは省きますが、まず条文を正確に理解する事です。
ただ単に暗記をするだけでは、近年の問題に対応できませんので、講義を視聴しながら内容をしっかりと把握する事です。
その上で、過去問演習を何度も繰り返せば、必ず得点できるようになる科目です。
一見難しそうに感じるかもしれませんが、要するに条文と過去問を攻略することです。


行政法である程度点数が取れるようになれば、次に民法を勉強する事になると思いますが、別ページでも説明したように、民法の出題範囲は限りなく広くなります。

もし、通信講座もしくは通学講座を受講しないで、独学で民法に挑戦するとしたら、
それは無謀な挑戦かもしれません。

なぜなら、民法を勉強する際に要求されるのが出題範囲を絞ると言う事ですから。
もっと具体的に言えば、捨てる問題と点数を取る問題を判別しなければいけません。
しかし、市販されている教材では、それに対応することは難しくなりますので、恐ろしく勉強時間が必要となります。
しかも民法は、個々の知識だけではなく、体系的に理解していかなくてはいけないので、より正確に覚える必要があります。

民法の一番の攻略法は、行政書士試験の民法科目を知り尽くしているプロの指導を受けることです。
ですから、講義メディアを聞きながら、何処を重点的に勉強すれば良いのか、何を覚えていけばよいのか、理解する事です。

そうする事で効率的に勉強していくことができます。


>>これが合格できる通信講座<<

行政書士試験攻略法

行政書士試験のポイントを知れば、難易度も下がってくるはずです。

まずは、行政書士試験の攻略法の一つに科目ごとの力の入れ具合を変えるという事が重要です。
そこで以下をご覧下さい。

●法令科目:(出題数46題・全244点)
「行政法:112点」、「民法:76点」、「憲法:28点」、「会社法・商法:20点」、「基礎法学:8点」。
●一般知識:(出題数14題・全56点)
政治・経済・社会(24点) 情報通信・個人情報保護(20点)、文章理解(12点)。
合格基準
●合計300点
(合格180点)以下の全てを充たしていること。
行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
合計点が、満点の60%以上である。


これを見てもらえればわかりますが、行政法と民法で、法令科目の約8割を占め、全体でも約6割を占めます。

次に合格基準を見てもらうと、行政法と民法だけでも法令科目合格基準に達し、その上、全体の合格基準にも届いてしまいます。
つまり、行政書士の学習は、行政法と民法にどれだけ時間を使えるかが鍵になるのです。

行政書士の試験と言うのは、見ての通り、試験科目が8科目と非常に学習範囲が広くなります。
なので、全科目満遍なく学習していては、とても短期間で合格することは出来ません。
可能な限り、出題範囲を絞り、そしてそこを重点的に学習することが、合格へのポイントとなるのです。

もちろん、行政法と民法だけ学習しても合格できません。
一般知識も学習しなければいけませんし、行政法と民法で満点をとることはほぼ不可能に近いので、この2科目だけでは全体の合計点に届かなくなります。

ですが、力の入れ具合を変えることはできると思います。それが合格への近道になるはずです。

試験の特徴から難易度判断

ご存知の方も多いかもしれませんが、まずは基本的なことからおさらいしておきましょう。
行政書士試験がどのように行われるのかをきちんと知っておくことで、難易度も判断できますし、合格への第一歩ともなります。


■行政書士試験概要

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。


●試験期日
例年、11月第一週日曜日


●試験の科目及び方法
①試験の科目
・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)

憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、平成21年4月1日現在施行されている法令に関して出題します
・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
政治・掲載・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

②試験の方法
試験は筆記試験によって行います。
出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。


●合格基準
次の用件をいずれも満たした者を合格とします。
ア 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者。
イ 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者。
ウ 試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。

※合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。


以上が行政書士試験の概要です。
試験の申し込みなどに関しては、最新の情報が行政書士試験研究センターのホームページに記載されていますので、ご自身で確かめてみてください。

さて、この試験概要を見て、どのような印象を受けたでしょうか?
出題範囲に指定されている法律の数が多く、しかも一般知識も問われますので、試験は難題が予想されますね。実際に、行政書士試験の合格率は平均7%程度ですので、難関であることは間違いないでしょう。


しかし、上記の試験概要からは以下のようなポイントを読み解くこともできるのです。

ポイント1 受験資格は設けられておらず、誰でも受験できる
ポイント2 定められた合格基準をクリアすれば、誰でも合格できる


受験の際に性別も年齢も学歴も問われませんので、試験会場には文字通り老若男女が一同に会することになります。さまざまな経歴の人々が何万人と集まって行う試験ですから、合格率は下がってしまう傾向にあるのは当然なのではないでしょうか。
しかも、この試験は誰でも受験できる試験ではありますが、誰でも合格できるほど簡単な試験ではありません。法律をただ暗記しただけで解ける問題ではなく、理解力や思考能力を問われるような問題へと変わってきているそうです。
この試験の合格率が低い理由はこんなところにあるのですね。

しかしその一方で、行政書士試験には、大学入試などとは違って合格者数に定員を設けていないという側面があります。
行政書士試験研究センターが定める合格基準(全体の60%以上の得点など)を満たせば、どんな受験者も合格できるというシステムなのです。 大学入試のように満点を狙う必要はなく、6割の得点を狙って地道に努力していけば誰でも確実に合格できるというわけですね。

6割の得点を狙う学習というのなら、誰でも手が届きそうではありませんか?


>>私はこうして行政書士に合格しました<<

資格取得のために。試験の概要

行政書士の試験概要は以下のようになります。

●受験資格
年齢、学歴一切制限はなく、誰でも受験する事ができます。

●試験日
11月の第1日曜

●試験科目
法令科目(全46題):憲法、行政法、民法、 商法 、基礎法学
一般知識(全14題):政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解。

●配点
満点300点(合格180点)
法令科目:「行政法:92点」、「民法:76点」、「憲法:28点」、「地方自治法:20点」、
「会社法:16点」「商法:4点」、「基礎法学:8点」。
一般知識: 56点。

●合格基準
以下の条件を全て満たした者が合格とする。
1)行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
2)行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
3)試験全体の得点が、満点の60%以上である。

●出題形式
「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式および記述式。
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式。
記述式は、40字程度で記述するものを出題。


ここまでが、定められている行政書士試験の概要となります。
ここで注意して見てほしいのが、科目別の配点です。
法令科目なら、行政法と民法の配点が高くなり、一般知識は、満点の内、約1/6を占めています。
極端なことを言えばこの3科目満点を取れれば合格できるということになります。
もちろん現実には、一般知識や民法で満点を取るのは、難しいのでそうはいきませんが、とりあえずこの3科目を重点的に勉強しなければ、合格はないということです。

詳しい事は専門書に任せますが、それぞれの科目の出題傾向と特徴を分析して、どの項目を勉強したら点数が取れるのか、過去どういった問題が多数出ているのか、確認して見てください。
そうすればおのずと学習ポイントが見えてきます。
ただし、はじめからそのような勉強をすることは難しいので、まずは、お持ちのテキストを読んでどんな事を勉強するか各科目のイメージを掴む事です。
後に徐々に内容がわかってきます。

資格試験の難易度の実態は

行政書士は、士業の中の登竜門的位置づけで、他の法律系の資格よりも合格しやすいと説明しました。
しかし、誤解のないように言わせて頂ければ、簡単な試験というわけではありません。
どちらかといえば、数多くある資格の中でも難易度が高いほうです。あくまでも他の士業と比べてという前提を忘れないで下さい。


そこを理解できたら、行政書士の合格率を見てみます。

平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
受験者 67,348 70,586 66,297 59,948 55,436
合格者数 6,095 4,662 5,337 5,508 5,597
合格率 9.05% 6.60% 8.05% 9.19% 10.10%

この数字をみればわかるように、合格率はほぼ毎年1ケタ台です。
さらに合格率には影響が出ていませんが、平成18年度以降試験制度が変わり、受験者の思考力や理解力を問う問題が増えはじめてきました。
そうなったことにより、もともと法律の勉強してきた受験者なら対応できる可能性はありますが、まったくの初心者は、今まで以上に法律を理解しなければいけなくなり、試験のハードルが上がってしまったのです。

これが今の行政書士試験の実態です。

しかし、さほど難しく考える必要はありません。
はじめに説明したとおり、行政書士は、法律系の資格の中でも登竜門的な試験ですので、それほど凝った問題ばかりが出るわけではありません。
基礎的な問題をしっかりとこなしていけば合格点に達しますし、法律を理解するための正しい勉強をすれば、十分に対応する事は可能です。

しかも合格率の低さを言わせて頂ければ、行政書士試験全体のレベルは決して高くない上、受験者数が多いので合格率が低く見えるだけで、合格率の低さがその分試験の難易度に反映されているわけではないのです。

行政書士の試験は、合格点に達する事を考えれば良いのです。
法令等科目の得点が満点の50%以上、一般知識等科目の得点が満点の40%以上、全体の得点が満点の60%以上。合格率よりも合格基準のほうが大切です。

合格率は、あくまでも全体の比率なので、低い高いは、関係ありません。

合格するために。復習

行政書士の勉強をしていく上で、必ず行わなければいけないのが、「基礎知識の取得」、「過去問演習」、「模擬試験」です。

そして、この3つに共通している事があります。
それが「復習」です。
このことは必ず勉強する際には、覚えておかなければいけません。

「復習」を怠るとせっかく覚えた事が水の泡になり、一からまた覚えなおさなければいけないということになります。
逆に復習さえしとけば、覚えたことが自分のものになり、より合格に近づいていくことが出来きます。


ではなぜ、復習が必要なのでしょうか?
それは人間というのは忘れやすい生き物だからです。
というよりも人間の脳は忘れるように作られているのです。

ここで一つ良い例を出しましょう!
ドイツの科学者のエビングハウスが行った実験では、その時に単純に覚えた事なら、一日の内に約74%忘却して、26%を覚えているという結果が出ました。
つまり約8割がその日の内に忘れてしまうのです。

これと似たような経験が皆さんにもあると思います。
一番良い例が英単語の暗記です。
英単語は普段の生活で基本的には使わない表現ですので、たくさん覚えていくうちに、はじめに勉強したことは忘れてしまっているという経験をしたことがあると思います。
それは、頭の良し悪し関係なく、仕方のない事なのです。

人間の脳は、何か覚えようとして頭に入れたことは、ある条件を除き短期記憶として保管されます。
それを長期記憶に変えるためには、何度も復習して頭に刷り込まなければいけません。
ましてや、行政書士の勉強は、普段聞きなれない専門用語ばかりで、体系的に覚えた事ではないので、直に忘れてしまいます。
ですから復習というものが必要なのです。

ただし、闇雲に復習すれば良いというわけではありません。
タイミングというものがあります。
そのタイミングは人によって様々なので、どのやり方が良いか一概には言えませんが、一度覚えた事を1ヶ月以内に4回ほど行うことが必要だとされています。

例えば、その日に1回、翌日に2回目、1週間後に3回目、1ヵ月後に4回目という感じです。
あまり短期間にやりすぎても駄目ですし、期間が開き過ぎても駄目です。
自分で色々試しながら、勉強してください。


>>私が合格した学習方法<<

まずは試験に合格しましょう

ここまで、読んでくれたと言うことは、行政書士に対して強い興味が湧いてきたのだと思います。
そこで次に考えなければいけないのが、行政書士の試験に合格することです。

行政書士の試験は、合格率が毎年1桁台で、年によっては2%台の時もあります。
つまり難易度が高い試験だと言えます。
それではここで、行政書士の試験情報から攻略法を考えていきたいと思います。

試験は、
■全60問:満点300点中、合格点180点
■法令科目(出題数46題:満点244点、合格点72点)
憲法(28点)、行政法(112点)、民法(76点)、商法(20点)、基礎法学(8点)
■一般知識(出題数14題:満点56点、合格点22点)
政治・経済・社会(24点) 情報通信・個人情報保護(20点)、文章理解(12点)

このデータは、行政書士の試験科目とその配点、そして合格基準をまとめたものです。
まず合格基準で言えば、
総合で180点取らなければいけなく、
尚且つそれぞれにも合格点が設けられていて、
法令科目は72点、
一般知識は22点とらなければなりません。

なお、余談ですがその年によって若干合格基準が変わります。

次に科目別の配点を見てみると、行政法が112点、民法が76点となり、法令科目のほとんどを占めます。
一般知識は文章理解の配点が若干低いですが、それでも各科目満遍なく配点が分かれています。
ここまででわかることは、行政書士に合格するための基準はそれほど高くなく、行政法と民法、それに一般知識を攻略すれば合格できると言うことです。

このデーターだけでは何とかなりそうな感じがしますが、現実は、10人に1人も合格できない試験なのです。
それでは、何故そこまで合格者が少ないのかと言うと、原因は色々ありますが、その一つは、試験範囲が広く勉強するのが大変だと言うことです。
その上、問題のレベルも年々上がり、一昔前のように暗記中心の勉強では対応できなくなり、法律を理解しなければいけないような思考力を問う問題が増えはじめています。

合格するための具体的な方法は、次のページで説明しますが、まずは、行政書士を攻略するための方法をここで理解してください。
その勉強を中心にすることになるはずですから。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士試験概要

■受験スケジュール
8月上旬~
願書の配布

⇒受験願書は、郵送または、全国各地の配布場所で配布されます。

8月上旬~9月上旬
願書の提出

⇒郵送やインターネットで受験の申し込みをします。受験手数料は7,000円。

10月中旬
受験票の交付

⇒受験票が発送されるので、受け取ったら試験場を確認します。受験票は必ず試験会場に持参してください。

11月第2日曜日
試験日

全国の会場で13時~16時まで、一斉に実施されます。

翌1年第5週
合格発表

受験者に合否通知所が郵送。また、行政書士試験研究センターのホームページ(http://gyosei-shiken.or.jp/)などでも発表されます。

■受験資格
受験資格はとくにありません。

■試験形式
法令等
⇒五肢択一式・多肢選択式・記述式

一般知識等
⇒五肢択一式

※記述式以外はすべてマークシート形式。記述式は約40程度の文章で解答するものです。

■合格基準
以下の要因を満たした者が合格となります。

  • 法令等科目の得点が122点以上である者。
  • 一般知識等科目の得点が24点以上である者。
  • 試験全体の得点が180点以上である者。