タグ別アーカイブ: 通信

私が迷った通信講座比較

実は私も、通信講座を選ぶときには、どの学校の講座にしようか迷いました。
2度目の受験のとき、つまり最初に通信講座で勉強した時にも、パンフレットなどを取り寄せて比較してみたのですが。
私が迷ったのは、LECとユーキャンでした。

まずは、LEC。
検索すると、たくさん出てくるんですよね。だから知った、という感じでした。
知恵袋や教えてgooの回答でよくベストアンサーに選ばれてました! あれって、合格者が答えているんでしょうか。それとも有名な学校だから取り上げられているだけなのか。
まあ、そんなに有名なら…という気持ちで、LECのホームページを見ました。法律系には強いって聞いたことがあるし。

で、感想としては。いきなりクレームになってしまうんですが、受講料がどこに載ってるのかわかりませんでした。重要なことなのに。イライラさせられました。
○○円引き! などの文字はすぐに見つかったのですが、肝心の受講料がどこにあるのか…時間がかかりました。
まあ、結局見つけた受講料は数十万円単位の高いもので、予想はしていましたが、私には払えない額でした。

それから、コースが多すぎてわからない!
初心者コースにすれば良いのかな? と思いきや、別な名前のコースにも、「初心者OK」などと書いてあるんです。組み合わせがたくさん。何年も勉強してる人は自分の苦手なところだけ受講すれば良いのかもしれませんが、だからと言って、LECでの受講がはじめてだったらどうしよう、と悩んでしまいそうでした。
私の場合は価格面ですでにあきらめてたので、ここはもう参考程度に見ている状態でしたけれども。

そして次はユーキャン。
いわずと知れた資格ブームの火付け役? なのかな。
毎日CM見ますよね。何もしていない自分が怠け者に思えて、やる気が出てくるほどのCMです。
LECはほとんど通学講座のようなものなので、受講料の面でも、通学時間の面でもあきらめていたのですが、ユーキャンは最終候補に残っていました。
コースなどもわかりやすかったです。考えることはほとんどなくて、5万円で教材が送られてくる。
それをやればいい。それだけですね。

本音をいうと、最初のうち「合格」というものに対して一番信頼していたのはLECでした。
たくさんの人が受講しているし、コースがややこしくてもたくさん用意されているということは需要があるのだろうし。講義の数自体も多かったので、みっちり勉強できるんだろうとも思いました。
でも、やはり通学するだけの時間はなくて。

それならユーキャンかな…とも思ったり。
でも、やっぱり「合格」ということに対して信頼感を持てませんでした。

そして、最後はフォーサイトで合格しました。
通信講座を使っても失敗していたので、本当に良いのかな、という心配はありましたが。
決め手としてはいくつかの理由があります。

  • 私にとっては信頼できる人からの口コミ。
  • 「合格」に対して信頼できる、合格率の高さ。
  • LECと違い、通学ではないので時間も費用も私にも何とかなる。
  • 取り寄せて比べてみた教材が、ユーキャンよりも良さそうだった。
すべて私にとっては重要なことでした。
皆さんも、価格のお手ごろさ、わかりやすさ、効率の良さ、合格率、勉強のしやすさ、いろいろな判断基準があるでしょう。
自分にとって重要なところを見失わないように通信講座を選んでください。


>>私が合格した学習方法<<

各勉強法のメリットとデメリット

いよいよ試験に向けた、勉強法について語らせていただこうと思います。
まず、試験の勉強法として考えられるのは、独学と通学、通信講座の3つ。
ということで、各勉強法におけるメリットとデメリットを考えてみましょう。

<メリット> <デメリット>
独  学 ・費用はテキスト代のみ
・時間的拘束がない
・疑問点を相談できない
・すぐに挫折しやすい
通  学 ・講師の授業が受けられる
・ライバルの存在で発奮できる
・受講料が20万程度と高額
・時間的拘束がある
通信講座 ・通学同様の教材で勉強できる
・時間的拘束がない
・通学よりも断然費用が安い
・独学より費用が高い
 

■初心者なら独学は避けるべき!

補足説明をします。まず、独学のデメリットに「挫折しやすい」とありますが、これは費用の安さから、挫折しても金銭的ダメージが少ないということ。
そう考えると、まったく法律の知識もなくゼロから試験勉強を始めようという初心者の方には独学は進められません。いくらいいテキストで勉強しても、不明点は必ず出てくるもの。
その時、頼れる人がいるのは心強いものです。
また、適切な試験対策も独学では不可能

初心者は通学か通信がお勧めです。

では、最も合格への近道と思われる通学はどうでしょうか。
まず、ネックとなるのが最低でも20万円はかかる受講料
もちろん、親からサポートしてもらえる学生さんなどは別として、社会人には厳しい金額です。

また、仕事を続けながらとなれば、決まった日時で受講しなければならない、時間的な拘束もマイナスポイントです。
しかも、噂によると通学であっても、授業はビデオ講義が主体ということ…。
ソレって、高額な受講料を払ってまで通学する意味はあるのでしょうか!?


>>私が合格した学習方法<<

勉強時間の取れない方は通信講座がおすすめ

通信講座の利用者で多いのが、仕事や子育て、家事などが忙しく、あまり勉強時間の取ることのできない人です。
通信講座なら、通学のように時間に束縛されることがなく、空いた時間を見つけて効率よく勉強していくことが出来ます。
忙しい方が短期合格するには、大変ありがたいツールですね。

しかし、通信講座なんかで合格するのは無理、と決めつけてしまっている方がいます。
それは、何故でしょうか?
その中の多くの方は、勉強がわからなくなり途中で挫折してしまっている人のようです。

では、なぜ挫折してしまったのか。
そのような人たちには共通点があります。
それは、テキストだけの勉強になってしまっているのです。


前ページでも紹介したように、独学の欠点は、テキストのみの勉強になってしまうことです。
にもかかわらず、通信講座でもテキストだけで勉強してしまえば、わからなくなるのは当然ですし、挫折するのも無理はありません。
そもそも通信講座とは、資格に合格させる事を目的としているのに、DVDによる講義を用意していないなんてこと自体おかしいのです。

ところが、誰もが知っている大手の通信講座でも、DVDで講義を視聴できるメディアを用意していない学校もあります。それでは独学とほぼ変わりありません。

独学と通信講座一番の違いは、講義が視聴できるか、出来ないかです。
もちろん他にもありますが、それが一番です。

DVDで画面を通じて講師と目線を合わしながら、勉強していけば、短時間で知識を深く吸収できるので、あまり時間の取れない方が合格するには必ず必要になるツールです。

要するに通信講座では無理だと思っている人は、
選ぶ学校を間違えてしまったという事です。

もしこれから通信講座を受講して勉強してみたいという方は、しっかりと考えて学校を選んでください。

DVD講義は付いているか、
受講料は高すぎないか、
質問受付に対応しているか、
インターネットによる学習システム(eラーニング)があるか


など、良い学校には必ずあるポイントを確認して下さい。
そういったところを選べば後は、皆さんの努力次第で合格できます。


>>これが合格できる通信講座<<

合格への近道は教育機関

今まで色々な受験者を見てきましたが、中々合格できなくて悩んでいる人達がたくさんいます。
そのような人達の特徴は、独学にこだわっていること。それで、いつになっても合格できていないのです。もうすでに5回も落ちている人もいます。

私がこのサイトを作るに当たって、どうすれば合格できるのか色々考えましたが、答えは、通信講座や予備校の教育機関を利用するしかないと判断しました。
私の体験からのことでもあります。

皆さんの中には、費用を抑えるために独学で勉強しようとする方がいるかもしれませんが、それは絶対にオススメできません。
本当にお金がなかったとしても、通信講座なら5~6万円もあれば受講できますし、そのくらいのお金で短期合格できるなら安いものです。
仮に5~6万円のお金を出すことがきつかったとしても、1ヶ月間バイトでもすれば十分に稼げる金額です。少し強引なことを言っていますが、合格するまでに時間をかけるほど無駄なことはありません。
そんなことに時間をかけるよりも、行政書士になってどうやって稼いでいくか考えるほうが大切です。

ただし、教育機関を利用する場合、気をつけてほしいのが学校選びです。
特に通信講座の場合は、学校選びを間違えると独学と何ら変わりません。
通信講座選びで注意するのは、通信講座専門校であることと、講義を見ることの出来るDVDなどの講義メディアが付いていることです。

というのも、予備校でも通信講座をやっていますが、それだと正直、教材の質が余りよくなく、通信という勉強で合格できるノウハウがないように感じます。
それに比べ、通信講座専門校の場合、しっかりと受講者を合格させるための教材が用意され、勉強するモチベーションも上がるような工夫もされています。

もちろん、受講者をサポートしないような、教材だけを販売する業者は論外です。
また、必ず講師の顔を見ながら講義を聞ける、DVDを用意していることも重要です。
CDのような音声だけのメディアは、視覚的要素がまったくないので、どうしても学習効果は落ちてしまいます。
やはり、勉強と言うのはできるだけ五感を使いながら覚えた方が、長期間記憶にとどめて置くことが出来るのです。

通信講座を選ぶ際は、その2点を網羅していることを絶対条件にして下さい。
CMでも有名な通信講座を受講する人が多いのですが、そこだと講義メディアをつけていないので、独学とほとんど変わらなくなります。

ちなみに私はフォーサイトと言うところを受講して合格しました。
誰かに勉強のことを相談されれば、そこを紹介しています。

フォーサイトだとDVD講義とCD講義が付いていて、しかもハイビジョン撮影しているので、
画面に迫力があり、長時間見ても飽きない工夫がされています。
また、フルカラーのテキストは試験に出題されそうなポイントを絞り、視覚的効果も強く記憶させやすいような内容になっています。
その上、内容が充実しているにも関わらず、受講料はかなりお得です。
たぶん、ほとんど宣伝していないので、広告費がかからない分受講料が安いのでしょう。
一番効率の良い方法を探すのはとても重要です。みなさんもまず試験に合格し、スタートラインに立つことからはじめましょう。


>>これが合格できる通信講座<<

【独学】【通学】【通信講座】比較

行政書士を目指しているみなさんが、どのような学習方法を選んでいるか、
主な学習法としては、【独学】・【通学】・【通信講座】があります。
まずは、それぞれの特徴からみてみましょう。


【独学】

  1. 書店でテキストと問題集などを購入すればすぐに勉強ができるので、どの学習法よりも低価格で済む
  2. 自分の好きな時間や場所で勉強ができる
  3. テキスト選びが難しい
  4. どのように勉強を進めたらよいのかがわからない
独学は低価格なうえ、すぐに始められるので、実は一番選ばれる学習法です。
しかし、すぐに始められるということは、逆に考えればすぐに止められるということ。本気で行政書士に合格したいのであれば、独学はおすすめできません
なぜなら、行政書士は合格率約7%の難関試験であり、通学や通信講座を受講しても合格までに1年以上かかる人はザラにいますし、中には5年以上不合格の人もいます。法律初学者の場合であればそれ以上の学習期間を要します。
また、自分でテキストを選ぶということは、実はとても難しいことであり、いくらインターネットなどで評価の高いテキストであっても、それが自分に合うかどうかはわかりません。そして、書店のテキストでは、試験のポイントが絞られていないので、広範囲を勉強しなければならないのです。
以上の点から、独学は時間と労力を無駄にしてしまうため、避けたほうが賢明です。


【通学】
  1. 主要都市しか学校がなく、開校時期が決まっている
  2. 費用が高額
  3. 往復の通学時間がかかるうえ、毎週決まった曜日や時間に通わなくてはいけないため、社会人は困難である
  4. 講師の講義が聴けるので、臨場感があってモチベーションアップに繋がる
  5. 講師に直接質問ができたり、試験の裏情報が聞けたりすることもある
どの学校も講座の費用は約20万以上と高額なので、受講するには、それなりの覚悟が必要ですね。
しかし、その分、カリキュラムをもとにプロの講師が教えてくれるので、しっかりと学習すれば、合格には近づけるはずです。ただし、毎週決まった曜日や時間に通わなくてはいけないため、社会人が継続して講義を受けるのは、厳しいかと思います。
時間とお金に余裕があって、自宅での学習に自信がない人には通学は良いかもしれませんね。


【通信講座】
  1. 費用が比較的低価格である
  2. 開校時期が決まっていないため、思い立ったらすぐに勉強が始められる
  3. 自分で好きな場所や時間を選んで勉強ができる
  4. 講義DVD付きの講座を選べば、通学と同等レベルの教材が体感できる
私が一番おすすめするのがこの通信講座
開講時期が決まっていないので、いつでも勉強が始められるし、学校に通う必要がないので、時間の節約にもなります。
また、受講料が比較的低価格なのも良い点ですね。安いところだと3万円台からあります。ただし、通学の学校が出している通信講座は、10万以上と高額のため、あまりおすすめはできません。
講座を選ぶ際は、パンフレット等をよく読み、インターネットの口コミなどを参考にして選ぶとよいでしょう。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

おすすめは通信講座

この通信教育で合格! 「通信」がいい理由は?

行政書士を目指そうと思った時、どのように勉強すればいいのか、あまり深く考えませんでした。
参考書を買って、空き時間を利用して勉強すれば大丈夫だろう、そんな認識だったのです。
いうなれば「独学」ですね。
お金を掛けるつもりはなく、書店に行けばコーナーがあるほどですから、テキスト・参考書は選り取り見取りで迷ってしまうほど。実際、どれがいいのか選ぶことはできませんでした…。

結局、「独学」は難しいとわかり、勉強法を調べることにしました。

「独学」以外では、専門学校や予備校に通う「通学」、
通信講座を受講する「通信」があるとわかりました。

勉強だけに専念できればいいのですが、仕事があるのでそうもいきません。

学校に通えば、効果的に学べるはずです。
無理なく通える教室がないか、あれこれ探してみましたが、条件に合うところはありませんでした。
仮にあったとしても、授業料が希望通りとは限りませんし…。

そこで、「通信」に的を絞って調べることに。
そう言えば、CMでよく見ていたのも資格が取れる通信講座でした。
ただ、他にも多くの通信講座があるとわかったので、自分なりに納得してから決めようと思ったのです。

そして、出合ったのが「フォーサイト」でした。
お金があればTACやLECの通学講座でもよかったんですがね…

まず気に入ったのが受講料の安さ。
試しに、HPにアクセスすると価格設定のバリエーションに驚かされます。
しかも、度々キャンペーンがありますから要チェック!
例えば(いずれもキャンペーン価格)、

「単科講座 基礎講座2014年試験対策」
CDコース 31,900円/CD+DVDコース 51,500円
「バリューセット 2014年試験対策(基礎+過去問講座)」
CDコース 57,000円/CD+DVDコース 74,600円

他にも「直前対策講座 2014年試験対策」
「バリューセット2 2014年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)」がありますから、必要に応じて講座やセットをセレクトできるのがいいですね。

もちろん、効果が上がるのは折り紙付き。
確かな実績があるからこそ、全国平均以上の合格率を誇っているのでしょう。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

過去問講座

過去問講座は、基礎講座よりも、さらに難しかったです。

覚えるのと問題を解くのはまったく違う作業です。
この時点でかなり勉強が面倒になってきてしまいました。過去2回の不合格も、結局は問題を解くことが不足してたんですね。だから覚えられなかったことがたくさんあったように思います。


フォーサイトの過去問講座の教材セットの内容は、過去問題集と講義DVD、合格必勝テキスト、道場破り、模擬試験等です。
問題を解き、解説を聞く。そんなスタイルで勉強していきます。
合格必勝テキストや模擬試験は、過去問講座の時はやらず、直前対策講座の時に一緒にやりました。


勉強が面倒になったのは、問題文を読むのが大変だったからです。
基礎のときには一問一答式みたいなもので覚えていったので、それまでは問題文を読むより、ただ頭の体操をしていただけなんですね。
でも、試験問題は全然違っていました!

行政書士試験は、択一式の問題が大半の試験なのですが、選択肢ひとつが3行くらいあり、それが5つくらいあります。ひとつの問題を解くのに15行も読まなくてはならないんです。
しかも、正しいものをひとつ選べという問題は少なく、正しいものの組み合わせはどれかとか、正しいものはいくつあるかとか、そんな聞き方をされます。
どの選択肢も、全部○に見えるし、×のような気もしてきます。
本音を言えば、イライラして仕方ありませんでした。


最初の戦略立案の段階で、過去問を繰り返しやらなければならないと言っていた意味がはっきりとわかった気がしました。覚えることの数倍、試験問題を解くほうが難しかったからです。

今はインターネットの時代で、調べたいことはすぐに検索することができます。ですから、しっかりと正確に覚えるという能力が低下したんじゃないかと思うんです。強引な言い訳ですけど、正確に記憶できなくていなかった・・・。
ざっくりとした知識では、行政書士の試験問題を解くことができません。
問題の意図みたいなものを読み取らないといけないんです。


ただ、慣れてくると、「法律ってこんなものか!」と急に光が見えてきました。
スピード合格を目指して失敗する人はここなんだと思います。法律を学ぶということが身に沁みていないんですよ。
ただの丸暗記とか、ただの記憶力への挑戦では、きっと法律の勘みたいなものが不足しているんです。

とにかく、悪戦苦闘しながら、問題を解き、解説を聞き、ほとんど全ての場合基礎のテキストに戻って復習しました。
まるまる2回解きましたが、2回目でもパーフェクトはできず・・・。
1回目も2回目も、間違った問題にしるしをつけておいて、後は時間が許す限り、何度もやり直して覚えました。


>>私が使った通信講座フォーサイト<<

もっとも効果のあるDVD教材はどれだ

行政書士試験は毎年たくさんの人が受験する人気の国家資格ですから、その受験生を対象にした数多くの通信講座があり、その中には講義DVDが付いている講座もいくつかあります。
しかし、DVDだからすべて良いというわけではもちろんなく、その内容によっては学習効果に差が出るということもありえるわけです。
そこで、どんなDVD教材がより効果的なのか、そのポイントを探っていきたいと思います。


ポイント1 通学生向けの講義を録画したものではないこと
近頃の資格スクールは、通学生と通信生の両方を受け入れている学校が大半を占めているのですが、通信生がDVDを申し込むと、多くの場合、通学生向けの講義風景を録画したDVDが送られてきます。
このようなDVDは、専用スタジオで収録したものではないので、画質や音質の面も問題点として指摘できますが、一番の問題は講師と通学生とのやり取りや質問に無駄な時間が取られるというところです。
一度学習した箇所を生徒の質問によってもう一度聞かなければならなくなり、通信生にとってはイライラさせられることもあります。
講師がカメラに向かって講義を行う形式の講義DVDを選ぶことが、まず第一のポイントと言えるでしょう。


ポイント2 黒板を使っていないもの
講師が黒板を背にして講義を行うDVDもよく見かけますが、黒板に白のチョークで書かれた文字というのは視覚的には効果が薄いものです。ホワイトボードにカラーのマジックで板書する形を取っている場合もありますが、そもそも講師が後ろを向いて板書する時間が無駄に感じられます。
あらかじめ用意されている文字や表、図などを画面に映す形で進められる講義の方が、より効率的に学習できると言えます。


ポイント3 より視覚&聴覚への刺激が強いもの
ほかのポイントと重なる部分もありますが、モノクロよりはカラー、雑音が多いものよりはクリアな音質の方が、脳への刺激は強くなります。それだけ、質の高いDVDの方が記憶に残りやすいということです。
以上のようなポイントを踏まえて刺激の強いDVDを選ぶことが、学習効果を高める結果へとつながります。

後は、講師の外見や声の良し悪しという問題もありますが……(笑)、
そこはご自身の許せる範囲で選んでください。


>>これが合格できる通信講座<<

通信講座は合格するための最短の方法

「どうすれば行政書士に合格できるか」「どういった勉強法が良いのか」
と考えた際に連想されるのは、
「資格学校に通学する」「通信講座を受講する」
おそらくこの2つだと思います。


その中でも特に人気が高いのが通信講座です。

通信講座は、きっちりとした学習指導のもと、時間や場所に縛られる事がなく、自由な時間と場所で勉強できるのが人気の秘密です。
しかしその一方で、通信講座に対してあまり良いイメージを持っていない方も多くいます。
「通信講座では合格できない」「通信講座ではモチベーションが上がらない」などといった、批判的な意見を耳にすることがあります。


しかし、それは本当に良い通信講座を知らないからです。

良い通信講座というのは、合格させるために様々な仕掛けを施しています。
例えば、「DVD講義が付いている」「e-ラーニングの仕組みが充実している」「質問受付に対応している」「テキストの質が良い」などが上げられます。
ですが、現実には、講義メディアが付いていなかったり、テキストの質が悪かったり、e-ラーニングがなかったりする通信講座が多く存在します。
しかも、そのような講座は世の中に無数にあるので、受講者が本当に良い通信講座に出会う確率が少なくなっているのです。
つまり、通信講座に対して悪い印象を持っている方は、本当に良い通信講座に出会えていないという事です。

あなたがどんなに一生懸命勉強しても、時間をかけても、勉強法に自信があっても、それでは合格することはできません。
良くない通信講座に出会った時点で、合格できないと決まっているようなものです。
それとは逆に、本当に質の良い通信講座を受講することができれば、あなたの頑張り次第で十分に合格することが可能になります。
特に行政書士の受験者には30代の社会人が多く、時間に縛られる通学講座を受講する事は困難になると思いますので、通信講座に頼らざるを得ません。


私がこのサイトを立ち上げた理由の一つは、なかなか行政書士に合格できない、独学で勉強して合格する自信がない方に効率よく勉強できる通信講座の良さを知って頂きたかったから、ということもあります。
かくいう私も、行政書士の勉強した際には、最初に独学で失敗し、その後2つの通信講座を受講して、1つ目は失敗し、次のものでようやく合格できました。
失敗から多くのことを学び、良い通信講座の法則を見つける事ができたのですが、これから合格しようという方には、そんな手間をかけてほしくはありません。だから、私の経験を公開しているのです。私の経験から、良い通信講座の選び方を説明していきたいと思います。


>>私が合格した学習方法<<

最高のDVD講義はこの通信講座

行政書士試験に、独学と、テキストだけの通信講座で挑んで失敗した私が、3度目の試験のパートナーに選んだのはフォーサイトの行政書士講座でした。

DVDの質がかなり高いことが選んだ理由のひとつ。
福澤講師の講義は、大画面の液晶ディスプレイを使った電子黒板の前で行われ、講義の進行に合わせて画面に文字や表が映し出されるという形式になっています。
講師が板書をするのを待つ無駄な時間もありませんし、専用スタジオで収録されているハイビジョン映像は鮮明ですので、とても刺激的なものでした。
もちろん、フォーサイトは通信専門校ですので、通学生向けではなく、マンツーマンで私だけのマイ講義を受けているような雰囲気で見ることができます。
しかも、福澤講師の講義には実務の話題もたくさん盛り込まれていて、私でも理解しやすく、合格後の自分の姿に置き換えて実務を想像することもできました。


youtubeにフォーサイトの講義がありました。迫力ありますよね。




もちろん、フォーサイトではDVDだけではなくテキストにも工夫が凝らされています。
テキストは、フルカラーで書かれている上に内容も絞り込まれているので、6割ギリギリの得点で合格を狙っていた私にはピッタリなものでした。
B5サイズで持ち歩きにも便利ですし、電車に乗っているときなどちょっとした空き時間にも学習することが可能です。
少し分かりにくいな…という部分は、カラフルな表や図を使って書かれているので、パッと目に入って視覚的に理解することができました。

そのほかにも、インターネットや携帯電話を使って学習できたり、飽きずに反復学習できるようなカリキュラムが組まれていたりと、合格するためのノウハウが満載でした。
私自身、このフォーサイトの講座を受講した年の試験では、それまでとは比べ物にならないほど自信を持って本番に臨むことができましたし、その結果として確実に合格することができたわけです。

もしあなたが、短期間で確実に行政書士の資格を得たいと思っているなら、フォーサイトの行政書士講座の受講を真っ先にオススメします!


>>私が使った通信講座フォーサイト<<