タグ別アーカイブ: 開業

開業のリスクは?

行政書士は独立開業型の資格です。
よって、最終的には独立することを目指すべきだと思います。

ただ、多くの人は、独立するとリスクが大きくなると考え、躊躇してしまいます。
確かに現在のような不景気な世の中ですと独立がリスクになると思います。
ですが、リスクと言うのは何も独立だけに言えることではありません。
このまま会社に残り続けてもリスクはあります。

会社員でいるという事は、会社や上司に自分の収入や家族、生活を託すということです。
極端なことを言ってしまえば、会社や上司のさじ加減で、あなたの運命が変わってしまうのです。それは計り知れないリスクになります。
だったら独立開業して、自分自身の力で切り開いていく方が、将来に希望が持てます。

それに独立した場合のリスクは、皆さん悪い方向に考えがちですが、いい方向に向くこともあります。
「年収2000万~3000万円稼げるようになった」
「自由になる時間が増え、家族サービスや趣味の時間が増えた」

など、現実に成功している人はいます。
しかも、その数は決して少なくありません。私も、自分で自分の働き方をコントロールできるようになりました。それが一番の成功だと考えています。

また、行政書士の場合は、初期投資がほとんどかからないので、金銭的なリスクはほとんどないと思います。
事務所は自宅を使えば良いですし、はじめは人を雇う必要もありません。
パソコンやプリンターは家庭にあるもので十分です。 かかるとすれば名刺代くらいです。

これが他の仕事なら、最低でも数百万円くらいのお金を用意して、事務所やお店の賃料、人件費、設備投資などが必要になります。
行政書士にはそれはありません。
だから、行政書士は、誰にでも平等にチャンスが与えられる仕事なのです。

行政書士の成功者と言うのはあまり表に出てこないので、厳しい仕事だと勘違いしている人が多いのですが、実際は皆さんの想像以上にいるのです。
もちろん、その逆も然りです。ですが、あなたの工夫次第で、成功の可能性が行政書士という資格にはあります。

このサイトを見てくれている方は、行政書士の求人を探していると思うので、 現状に満足していないはずです。

今のまま、月収20~30万円でずっとこき使われるくらいなら、 独立開業してみるという道も、人生の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


>>私が合格した学習方法<<

開業して食べていけるか

根本的なことを突き詰めていけば、行政書士になり独立開業して、食べていけるかということだと思います。
ですが、これに対しては答えようがありません。なぜなら、食べていけるか、いけないかは、開業者自身の努力次第だからです。
ただ、一つだけいえるのは、行政書士も他の仕事と同様、ビジネスだという事です。

これは、行政書士に限らず、弁護士でも税理士でも言えることですが、資格を取得さえすれば、勝手に顧客が集まってくるものだと思っている方がいます。
が、そのようなことは絶対ありえません。

資格があろうともビジネスには変わりないので、しっかりと顧客を集めて、魅力的なサービスを提供していかなければ、食べていくことはできないのです。
あくまでも資格を取得したというのは、その仕事をやっても良い権利を得たに過ぎません。その後については、ビジネス的なセンスが要求されてくるのです。
ここの意識の差が行政書士として、やっていいけるか、いけないかの分かれ道になります。

では、どのようにすれば行政書士として食べていけるか、もしくは稼げる行政書士になるのでしょうか? 現在稼いでいる行政書士というのは以下の2点を強く意識しているそうです。

  • インターネットを利用して、顧客を集める
  • 独自の専門分野で勝負している

まず、どんなビジネスにも必要になってくるのは集客です。
どれだけ集客できるかで、あなたが成功できるかできないか決まってくるといっても過言ではありません。
ただし、集客と言うのはお金がかかります。従来のようなチラシなどの紙メディアを使って集客していたのでは、お金や時間がかかり、決して効率的とはいえません。
特に開業したてのころは、そんな余裕はないはずです。

そこで、多くの人はインターネットを使って、ホームページを作り顧客を集めているのです。インターネットなら、低予算で集客できますし、短期間で大勢の人に宣伝することができます。
成功している方は、このインターネットをうまく使っています。

ですが、現在では競合が多くなり、インターネットマーケティングの勉強をしなくては、集客が出来なくなってきます。
少なくとも、ホームページを作っただけで顧客が集まると思っているようでは、今のインターネットは使いこなせません。お金を使えなければ、頭を使わなければいけないと覚えておいて下さい。

次は、自分の得意分野を絞り、仕事をすることです。
行政書士というのは、1万種類以上の書類を取り扱えますので、仕事の幅が広くなります。よって、全ての仕事を網羅することは不可能ですし、あれもこれもできるとなってしまえば、何ができるのか顧客に伝わらなくなります。
ですので、自分の専門を作り、その分野を中心に仕事をこなすことが、稼げる行政書士になる秘訣なのです。

そこで、重要なのはどの分野を選ぶかという事です。
選ぶ分野を間違ってしまえば、成功どころか、食べていくこともままならなくなります。

例えば、建設関係の許可の仕事だと、競合が多い上、業界自体も停滞しています。
そんな中だと仕事もなく、仮にあったとしても価格競争になってしまい 最終的には廃業に追い込まれてしまいます。

大事なのは、ある程度の需要があり、競合が少ない分野です。
その分野を見つけるためには、普段から、インターネットや新聞、雑誌などで、常に情報収集することです。
ぜひ、稼げる行政書士を目指して下さい。


>>私が合格した学習方法<<

独立開業して、生活していくだけの収入を稼げるのか?

もし、皆さんが独立開業したとして、一番知りたいことは、生活してけるか、いけないかだと思います。

その答えは非常に難しいのですが、あえて言うとすれば、
あなたの努力次第で十分生活していけるだけの収入を稼ぐことは出来ます。

それは、行政書士に限らず、ラーメン屋さんでも近所の喫茶店でもシステム屋でも、どの仕事にも言えることです。
行政書士にどんなにネームバリューがあっても本人の努力なしに生活していけるだけの収入を稼ぐことは不可能です。

ここで言う私の努力とは、寝ないで一生懸命仕事をすることではありません。
稼ぐための方法を考え、勉強し、そして実行することです。

どういうことかと言うと、行政書士といっても結局は商売なので、そこには競合がいますし、世の中の状況によっても変化します。
例えば、あなたがこれから印刷屋さんをはじめたとしても、電子書籍に流れが傾いていて、しかも大手企業がシュアを取っていますから、そこから成功して大金持ちになることはほぼ不可能です。

行政書士だって同じことが言えます。
競合が多い分野に人脈やノウハウもないあなたが戦って勝てるはずがありません。食べていけるだけの収入を稼ぐことも出来ないはずです。
つまり、今世の中の需要が高そうな分野を考えて、その分野をしっかりと勉強し、そして行政書士としてどういった仕事ができるか考えなければいけません。

それが行政書士として生活していくための努力と言うことです。

ちょっと面倒なように感じられるかもしれませんが、これは何も独立開業だけにいえる事ではありません。就職の際にも言えることです。
例えば、現在就職難で、仕事はあまりありません。 そんな状況で、資格も経験もない方が、正社員として採用してくださいと言ってもまず無理です。
採用されるためには、今企業がどういった人材を求めていて、企業がほしいと思える人材になるためには今自分が何をすれば良いのか、しっかりと考え勉強しなくてはいけません。
でも、就職できないと言っている人はそこを考えていないのです。

そこを理解できていれば、間違いなくあなたは行政書士として生活していけるだけの収入を稼ぐことが出来ますし、それどころか、通常では考えられないくらいの収入を稼ぐことだって出来ます。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士の将来性

現在は時代の変化が早く、日本の様々な構造も常に変化してきています。
そのため、これからどうなるかは予測しづらい上、不安な要素が沢山あるはずです。
特に仕事に関しては、この不景気の影響で先がみえづらくなっています。

しかし、行政書士に関して言えば仕事がなくなる可能性は少なく、もしろ、これから需要が増える可能性だって大いにあります。
なぜなら、行政書士は法律の仕事で、新しい法律が出来るたびに許認可が増えるからです。
現に10年前まで取り扱える書類の数が7000種類でしたが、今では1万を越えるまでになりました。
つまり年を経ていくごとに仕事の数が増え、時代の変化に伴い新たな仕事が生まれていると言うことです。

ここで一例を上げれば、インターネットの発達により、社会が変化し、人の価値観も変わってきて、そのことによる訴訟などのトラブルが増えはじめてきました。
その一方で皆さんもご存知の通り、トラブルを解決するための弁護士の数は、日本は圧倒的に少なく、全てに対応できなくなっています。

現在は、新司法試験ができて、弁護士の数を増やそうとしていますが、それでも数は足りません。
行政書士はそうした訴訟に関するトラブルを解決することは出来ませんが、未然に防ぐことは出来ます。
それに弁護士だとハードルが高いイメージがあり、中々依頼しにくいことも行政書士なら、気軽に相談することも出来ます。
そこで、行政書士で未然に防げることならそれで良いですし、駄目なら弁護士を紹介して、そこで解決することが出来ます。

行政書士というのは、当然のことながら弁護士に比べて業務範囲が限られますが、行政書士にでも解決できることが沢山あるはずです。

このように行政書士というのは将来性という意味では十分期待が持てます。
それよりも将来性のある分野の仕事をいかに見つけられるかがポイントとなってくるはずです。


>>私が合格した学習方法<<

行政書士成功のポイントは専門分野を見つけられるか

行政書士になり稼ぐことが成功だとすれば、その方法は稼ぐ努力をすることだと説明致しました。

それでは具体的にどうすれば良いのでしょうか。

ここまで読んでくれたら、行政書士の取り扱える書類の数は1万を越えると知っているはずです。
ですが、実際に1万もの書類を取り扱うことは出来ませんし、仮に取り扱えたとしても顧客に何ができるのか伝わりにくく、逆に仕事の依頼が来なくなります。

そこで成功するポイントとなるのが、専門分野を絞ってその仕事のスペシャリストとなることです。
そうすれば、●●と言う仕事ならこの行政書士と認識してもらえ、顧客からの信頼を得ることが出来ます。
稼いでいる行政書士というのはこの方法を取っているのです。

但し、専門分野絞るといっても、何でも良いわけではありません。
世の中のニーズを読み取り、そこから仕事の活路を見出していくのです。

例えば、今のようにインターネットが発達すれば、取引間でお金などのトラブルがしばしば起こりますし、不況になれば不法行為が増え損害賠償の請求も増えるかもしれません。
そうした中だと、内容証明の依頼が増えるので、そこの仕事に特化することが出来ます。

また、一昔前だと規制緩和の影響で会社法が改正され、会社設立のハードルが下り、多くの人が起業いたしましたので、その分野も需要が増えました。
もちろんこれはあくまでも一例ですが、このようにニーズを捉え、需要がある分野をいち早く見つけ、その仕事に特化すれば、大きな利益を生むことが十分可能になります。

その他にも成功するポイントとして、誰も手をつけていない分野を見つけて、そこに特化するのも一つの方法です。
1万種類も種類が作成できるのですから、中には他の行政書士が手をつけていない分野があるはずです。
もちろんあまり需要がない分野だといけませんが、そこそこの需要でも競合がいなければ十分に利益を上げることが出来ます。

ただし、そのためには常に世の中にアンテナをはって、稼ぐ努力をしなければいけません。
何も努力せずに向こうから仕事の依頼が来ることはないと思ってください。

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は、一言でいうと「代筆屋」でしょうか。

そのわけは…行政書士の主な仕事が、

  • 官公署などの行政機関に提出する書類作成と、提出の代行
  • 権利業務に関する書類の作成と、その代理
だからです。
さらに、多少限定はされますが法律問題のアドバイスもします。

具体的には…

■官公署に提出する書類関係
  • 建設業許可申請
  • 産業廃棄物処理業許可申請
  • 会社設立申請
  • 医療法人設立
  • 永住許可申請
  • 在留期間更新許可申請
などなど。

■権利業務に関する書類関係
  • 遺言書作成
  • 契約書
  • 公正証書
  • 債権等の和解書
  • 交通事故等の示談書
などなど。


上記の業務はほんの一例で、行政書士が扱う書類の数はなんと1万種以上にもおよびます。
遺言書や契約書等の作成といった個人的な依頼から、会社設立や建設業許可申請などの法人の依頼までを行う書類のスペシャリストなのです。

行政書士の資格の魅力

資格があれば就職に有利なのは当然のこと。

「どんな資格があるのか?」「自分はどの資格を目指すべきか?」、じっくり考えてください。
一般的には“法律系”の資格は、就職・転職あるいは独立開業に強いと言われています。
「行政書士」や「社会保険労務士」「ファイナンシャルプランナー」「宅地建物取引主任者」などが
該当する資格です。
他にも「通関士」「中小企業診断士」といった資格もあります。

私自身は社会人になってから資格を目指し、「行政書士」の試験に合格しました。

とはいえ、もっと早く資格を取っていれば、就職にも有利だったはず…という気持ちもあります。
そんな反省!?を踏まえて、学生時代に資格を取ることについて考えてみます。

行政書士は就職に有利な資格。
そして、転職にも、独立にも断然有利です。


就職をしようと履歴書を書いている時のことを思い出すと、
「免許・資格」の欄に何か書ければ良かったのに、と思うことがあります。
大学での専攻を生かし、取得できる資格もあれば、在学中から独自に目指す資格も。
“法律系”と言われる資格は就職に有利とされています。「行政書士」もそのひとつ。

ただ、新卒での就職のために、学生のうちに取得するというケースは少ないのかもしれません。
10代の受験者数は全体の数パーセントです。
同じ法曹界でも、司法試験は超難関ですし、司法書士にしてもかなりハードルの高い資格です。「行政書士」は、そこまでの難易度ではありませんが、簡単に取れる資格ではありません。
就職のために「行政書士」の資格を取りたい、そう思ったら、それ相当の覚悟が必要なのです。


社会人になってから目指した「行政書士」

持っていれば就職に有利な「行政書士」の資格ですが、私は社会人になってから取得しました。学生のころは、そんなことまで考えていなかったんです。

しかし、社会に出てからでも遅くはありません。
ただ、働きながら学ぶというのは、思った以上に大変でした。

目標は明確でも、時間的な制約や勉強に集中できない時期が度々あり、苦労したものです。
私の場合は、通信講座との出会いで一気に合格が近づきました。


そしてもう一つ、私の経験から言えますと
就職に有利な資格だと何度も言っていますが、「行政書士」の資格を取ったからといって、
行政書士事務所に就職できるというものではありません。
資格があれば就職、転職に有利なことは間違いありませんが、
それよりも「独立開業」を意識したほうが視野も広がり、やりがいは大きくなりますよ。


>>私が合格した学習方法<<

合格したら…

  • 目指すは就職よりも独立開業。
  • 就職を有利にするために資格を取る。
  • 転職を有利にするため資格を取る。
目標を設定し、努力を続けるとモチベーションが上がります。

「行政書士」の試験は11月第2日曜日。
全国の会場で一斉に実施されますから、頑張っているライバルたちのことを思い、走り続けましょう。

そして、合格したら次のことへ。
行政書士の資格を生かす道を探ります。

たとえ合格したとしても、それだけでは有資格者に過ぎません。
全国47都道府県に設立されている行政書士会に登録を済ませ、初めて「行政書士」として仕事に関わります。
独立開業型の資格ですから、最終的には事務所を設けて活躍する。
そのためのスキルアップは、先輩事務所でアルバイトをしたり、仕事を紹介してもらったり、とにかく実践あるのみです。

その助けとなるのが行政書士会。
さまざまな研修を実施したり、情報提供を行ったりして、行政書士をサポート。
また、広報活動や無料電話相談、街頭無料相談会などにより、多くの人に相談の機会を提供し、行政書士の活動場を広げています。


独立開業型と言われる所以

行政書士として就職しようとしても、思ったような結果は得られません。
資格があれば有利、と考えるぐらいが良いのです。
平成21年3月時点では、行政書士としての登録者数39,846名に対し、法人登録は156でした。
そのまま就職の可能性を示すものではありませんが、やはり「行政書士」は独立開業型の資格。そう考えて、将来を見据えましょう。資格取得を思い立った時、多くの人がイメージした通りに。
合格を目指したモチベーションを、こんどは“独立開業”に切り替えれば、何にでもトライできるはずです。

やる気を出す、集中力をアップする、途中で挫折しない…
これらのことは「フォーサイト」の通信講座でアドバイスされたことを、
いつでも思い出してください。

“楽しく仕事をする”…これについては、そろそろ自分で見つけたほうが良いでしょうね(笑)

行政書士の看板があれば、年収は右肩上がりに!?

行政書士は稼げるのか、よく聞かれる質問です。
開業を含め、行政書士を目指している人には大きな疑問になりますよね。

しかし、稼げる仕事かどうかは、資格を取ったあとの本人しだいです。
行政書士は独立開業型の資格と言われていますが、安定した収入を確保し、さらに事業拡張を目指すならば、営業努力が何よりも大事です。
難関を突破したとは言え、条件はみな同じです。
「行政と生活者のパイプ役」「10,000点以上の書類を取り扱える」のは事実で、幅広い業務が待っています。
が、年収アップのためには、顧客の新規開拓に努めなればならないのです。

これは、いわゆる「士業」に共通するもの。
行政書士の看板を掲げただけで依頼者が集まってくるものではありません。

気になる行政書士の年収はというと…
各々の状況により、同じ資格を持っていてもバラバラです。

平均としては4~500万円ぐらいだと言われています。でもこれは、あくまで平均値。
300万円以下の人もいますし、稼いでいる人なら1,000万円以上の年収という話もよく耳にすること。おそらく仕事の進め方や営業法など、何かコツがあるのでしょう。
残念ながら、私自身は「年収」をテーマにし、その核心を語るキャリアは持ち合わせていません。

取り扱う書類の多さはご存知の通りですが、報酬についてもある程度裁量が任されているのが行政書士の仕事。
手の掛からない仕事(=単価が低い)を数多くこなすやり方もあれば、
時間と手間が掛かる仕事(=単価が高い)にじっくり取り組む方法もあります。
さらに、キャリアを積んでコンサルティングを請け負うようになれば、ステップアップは間違いありません。

そのためにも、「早めに専門分野を見つけること」というアドバイスを受けました。
強い分野があれば口コミで広がり、紹介を受けて人脈が広がって行くからです。

「行政書士」で独立開業を果たせば一国一城の主。
頑張れば頑張っただけ、自分への評価が高まり、年収アップにつながる。
これこそ、資格取得を目指す一番のモチベーションです。

合格までの道のりは平坦ではありませんが、最後まで決して諦めないでください。


>>私が合格した学習方法<<